2017年6月16日金曜日

にわかジビエ

ふと思いついて作ったイノシシ肉のカレーをふるまったら、
「すごくおいしい!」なんて、
そんな怪しい噂が本物の猟師さんに伝わったようで・・・
「カレーを作ってほしい」と、
ドーンと今度は鹿肉が届きました。
「モモも1本骨付のまま持って来たんだけど」と
おっしゃったのは、
丁重にご辞退させていただき・・・

望月にも手伝ってもらって、
お肉の掃除をして、

とりあえず大きめの一口大に切って、
下味をつけて1日寝かすことしました。

あばらは、近所のジビエマイスターが
圧力鍋で出汁をとってくれました。
この鹿はどんな大きさだったのか、
どんなふうに暮らしていたのか、
どんな顔をしていたのかなど、
いろんなことを考えながら肉をそぎおとしました。

下味をつけたお肉に焼き色をつけて

この間大量に作った飴色タマネギを使って、
お気に入りのタモリさんカレー
(今やすっかり自分流ですが)にして、
姪がこどもと散歩中に仲良くなった別荘に方から
貰ったというシイタケも入れて、
鹿肉カレー、できました。
喜んでいただけるといいけれど。
こんなお味でいいのかなぁ・・・
なにせ、にわかジビエ料理研究家ですからねぇ。

ジビエ肉は高いといわれますが、
どこにいるかわからないものを探して捕獲して、
運んで、解体して、それぞれの部位にわけ、
片付けるんですよ。
一本釣りにカツオが高いのと同じ。
獲物も猟師も真剣勝負。
高くて当然なんですよ。わかってね。