2017年6月29日木曜日

ありがとう♪

今日は、「うらやましい」って
言われそうな写真ばかりです。
いただきものオンパレード。
昨日のおやつの本を出版した友人からは、
私の大好きなマスタードと有機全粒のパスタ、いただきました。
さすが、私の好みをよくご存知。

森フェスのために広島から1泊で、
しかも持ち出し覚悟で
ゲスト出演してくださった方からは、かき醤油。
ふふ、生紅葉饅頭は、
森フェススタッフのおやつになり、写真はなし。

姪からは、親戚が作っているという蜂蜜。
できればいつか、蜂蜜も作りたいなぁ・・・

サクランボアレルギーの望月に届いたサクランボは、
火を通したら食べられるということで、ジャムに。
いやぁ、やっぱり生がいいなぁ。

わぁ、西表からは島パイン。
いいなぁ、友だちって。

ご近所からは、茨城のお母さんが作ったという
愛情たっぷり新じゃが。
お目にかかったことのないお母さんですが、
きっとこのジャガイモのようなホクホクの
愛情の溢れる方なんだろうなぁ。

あれ、食べ物ばかりですね。
食いしん坊が、バレちゃってますね。

ありがとう♪

2017年6月28日水曜日

身体にやさしい信州のおやつ

私が、とっても信頼してる友人が本を出しました。
何を信頼してるかと
具体的に申し上げますと、
彼女の料理へのこだわりは、
調味料、素材にも添加物など使わず、
そして、もちろん、無駄も出さず、
きちんと使い切り、洗い物の方法も、
ゴミの始末にいたるまでエコです。
そうそう、色の好みも、食器のセンスも・・・





姉妹揃って、料理研究家。
私みたいな、モノマネ料理じゃないんですよ。
自宅での料理教室にペンションの
友人達と通っていたこともあります。
ペンションで、お料理をしてもらったこともあるし、
お料理教室では伝えきれない彼女の思いをわかってもらいたいと、
「おこびれ」の講習会をやってもらったことも、
そうそう、作家の落合恵子さんのお話の会を開いた時には、
彼女にお料理を担当してもらいました。

ずっと、細く長いお付き合いが続いています。
「どうしてるかな」と、ときどき思い出す、気になる人です。

うちでも本を販売をお手伝いしようと、
久しぶりに彼女に会いにいきました。
「何もないから、お茶しかないわよ」と言われて・・・
これがお茶しかないテーブルなの、ちがうでしょ。

本を見て「全部、作りたい」と言っていた望月も、
「何もないのに、こんなにいいの」と、大興奮。

水ようかんは、柿の葉っぱの上に。

ひじきと切り干し大根の煮ものは、
ほんのりお酢の味が隠されています。
この三つ葉も、オシャレ。

器もクロスも、彼女らしさがいっぱい。

そして、同い年のオバアサンは、
食べるのに夢中な望月を放って、
「歳とったわよね、私たち」などといいながら、
久しぶりのぶっちゃけおしゃべりを存分に楽しみました。

皆さん,彼女の本、よろしくお願いします。
どれもこれも、身体にしみるおいしさです。

我が家でも販売していますので、
お問い合わせくださいね。



2017年6月27日火曜日

森フェスの余韻

夕べ、久しぶりに7時間くらい,熟睡。
草刈りに夢中になって、歯茎が腫れ、
牙を抜かれて、腰が痛くなって、
森フェス準備で駐車場のライン引きで両手両足首を
虫に刺されてかゆくてたまらなかった日々が、懐かしい・・・
怒涛の1月が終わろうとしています。

と思ったら、なんか今朝は両手がだるい。
なぜだろうと思い出そうにも・・・
そうだ、昨日はヨガの日だったのね。
こうして、毎日、歳をとる新鮮な経験を
楽しませてもらってます。

森フェスの写真、もう少しおつき合いください。
毎年,信州大学の教育学部の音楽科の学生さんが
森フェスで演奏してくださいます。
男の子の連弾、初めてだぁ。
「情熱大陸」って選曲、そりゃぁ、盛り上がりますよ。

ステージの横では、自分の出番までドキドキしてる女の子。
ああ、目の前に青春がいる。

かっこいいなぁ。

手話も交えたコーラス、やるねぇ。
学生さんなので、毎年顔ぶれが変わるのですが、
毎回楽しまさせてもらってます。
今年は、お揃いのTシャツ姿です。
我が子や孫のステージ姿を見ようと、おこしくださる方も。

そして、日も傾いてきた最後は、
ちょっとオシャレな大人の時間。
「かっこいいね!」という声があちらこちらか聞こえてきました。
森フェスでは外にもスピーカーがあるのですが、
すばらしい音色に
皆が音楽に引き寄せられて来る様子がよくわかります。
まるでハーメルンの笛吹きのよう。
音楽ってすごいなぁ。
森フェスのステージ演奏も、友だちの紹介がほとんどですが、
ジャンルはさまざまで、それがまた楽しい。

さ、そして片付け開始。
某大学の准教授ですが、
「あ、ボク、トイレも掃除しますよ」と。
大学の先生だからって驚くのは変ですが、
最近の若者は、自然体だなぁ。

こちらは大学院生の男の子。
掃除機が足らないとなると箒とちり取りで、掃除を始めました。
そうだよ、頭って、そうして使うんだよ、えらい!

森フェスのスタッフは、70代から20代まで。
みんな、自分の仕事を笑顔でこなします。
いい仲間です。

今年の忘れ物はこの手のひらサイズのかわいいスニーカーだけ。
1,000人もの人が参加して、大物は、たったこれ一つ。
しかも、ちゃんと持ち主が現れました。
ゴミが少ないのも自慢です。

さて、身体もやっと平常モードに戻ってきたようなので、
さ、次は夏まえの最後の担当イベント、
草原をつくろう!にむけて、頑張ろう。

2017年6月26日月曜日

今年も森フェス、ありがとうございました。

昨日はちょっと早寝をしたら、
今朝は、鳥の声目覚ましが4時頃から。
私がセットしたわけじゃないんだけどね。
鳥の声がうるさいなんて、贅沢すぎかしら・・・

土曜日曜は森フェスでした。
今年で7年目、こんなにたくさんの人に支えられ、
私には贅沢すぎるイベント。
出店も、出そろったかな。

受付も準備万端,かな・・・
はい、この笑顔なら大丈夫。

朝は静かに、でも軽やかにスタート。
幸先いいね。

映画も大勢見に来てくださるといいなぁ・・・

この建物の渡り廊下、なんか不思議な感じがいいのよね。
森フェスは、誰にでも
(出店者,出演者,お客さん、そしてスタッフ)
居場所があるようにと心がけています。

「このために実家に帰ってきてる」と、
嬉しいことを言ってくれる菅平育ちの若者たち。
オバアチャンは、嬉しいです。

そうそう、こんな仲間も。
ご主人はどこかなぁ、シッポを下げて不安そう。
おりこうさんですね。

おお、いい天気。
今年もお天気は見方してくれました。

どのお店にもお客さんがいらっしゃってます、ほっ。
よかった、よかった。

講演を真剣に聴く横では、ダイナミックなライブペイントも。

アカペラのコーラスに、子どもたちもノリノリ。

ライブペイントの出来上がりは、
この季節に菅平で咲く、アヤメの花が。
いいね,この季節感。

午後になると、のんびり、まったりとした時間が流れます。

日曜日、気になっていた雨も上がり、
ちょっと肌寒かったのですが、
開催中は雨もなく、事故もなく、
ドアを閉めたら、外は霧雨、7年目も無事終了。

ここまでやってこられたことは奇跡のような・・・
たぶん、皆の笑顔のおかげだろうな。

大きな野望はないけれど、
小さな楽しみは、いつも持っていられるといいな。

今年も楽しい時をありがとうございました。

2017年6月25日日曜日

ジーン

さて、今日は森フェス2日目。
朝早く、雨音がしています・・・

金曜日は学校の音楽会におよばれ。

ひとクラス5人。
でも歌声は50人分。
舞台右には来賓、左は先生方、
子どもたちの後ろにはご家族やご近所の皆さん。

中学生も小学生も、一緒です。
昔に比べればここの学校も人数は減っていますが、
子どもたちへの愛情は今も変わらず。

自分の中学生だった頃、
息子が中学生だった頃、
近所の子どもたちが中学生だった頃、
それぞれの顔、思い出が走馬灯のように流れ、
ああ、いろんなことがあったなぁと、
オバアサンは、しんみり。

自校給食は野菜たっぷり、
ヘルシーメニュー。
ごちそうさまでした。
いいなぁ、こどもたち。



2017年6月24日土曜日

きゃあああ

さぁ、今日と明日は森フェス。
出かけます!


ずらりと雑誌を並べて・・・

あーん、もう片っ端からチャレンジしたい。

カレーが大流行りだそうですが、
遅まきながら私もプチブームなのです。
最近,イノシシ、シカと続いたので、
今度はチキンかなぁ・・・

ああ、夏は野菜の季節。直売所に行くと
むやみやたらに買ってしまうので危険。
ダイヤモンドより野菜がいい。

息子のクレジットカードの機関誌。
これも魅力的。
いつもいい所ついてきますねぇ。

内側からの出窓の写真はよく登場しますが、
外からは今こんな感じ。
ヒョロヒョロのクリンソウも咲いてます。
栄養不足かなぁ。
でも山野草は栄養が多くてもねぇ・・・

2017年6月23日金曜日

モリダクサン

今朝も朝から、ハルゼミに大合唱。

昨日はマインの作業日、朝9時の集合だったのですが
「早く帰らなきゃ行けないから、早くからやってるの」と、
すでに草刈りをやってくださっている方々も。
なんて、真面目で、律儀な人達なんだろう。

新人助っ人の参加もあって、
見晴台周辺の他に、あやめ園の草刈りもできました。
スッキリしたぁ。


昨日のそこそこでもご紹介しましたが、
お昼少し前に終わったので、
マイン新人の山の繪美術館さんが
企画展をなさっているとうかがって、
さっそく見せていただきにあがりました。
この素朴な感じが、いいなぁ。
「とってもいいです」と申し上げると、
「それは良かった、嬉しいなぁ。
なかなかそう思ってもらえなくて」と主の菅原さん。
これらの山小屋はすでに取り壊されたものが多いらしいです。
貴重な資料でもありますね。
昔の山小屋,味があるなぁ。

午後は、森フェスの準備へ。
毎年この景色を見るのが楽しみです。
雄大だなぁ、我がツインピークス。

さ、いよいよです。
今年もお世話になりまーす。
この菅平のプチホテルゾンタックの別館フォーレス、
建設当時(30年以上前にですが)、雑誌にも取り上げられ、
今では作ることができない貴重な建物です。
これを見にだけでもおこしいただく値打ちがありますよ。

駐車場にノボリも準備OK。
天気予報は今ひとつの予報ですが、
皆さんの笑顔で、雨雲を追い払いたいと願っています。
シャトルバスの出る駐車場は、
信州大学の教育学部の学生さん達が、
若々しく張り切って対応してくれます。
彼らにとっては社会実習みたいなものかな。

皆さん,お待ちしております!