2017年4月30日日曜日

どうしようか・・・

おはようございます。
昨日は、突然雨が降り出したり、
晴れたりと不安定なお天気でしたが、
今日はどうかなぁ・・

こんな立派なシモバシラのたった朝

見晴らし台の上にも霜が

午後、上田へ。
さっきまですぐ下にいた根子岳と四阿山が遥か彼方
四阿山の麓のダボス牧場がくっきり。
私の家、見えるかしら・・・

ここは公園風の墓地です。
花が咲き、スピーカーから鳥の声も。
ここまでしてもらわなくてもいいけど・・・

ご近所のさんのワンちゃんのお墓にも
お参りしました。

まだまだ元気な両親ですが、
すでに準備万端。

山際の山桜がきれいでした。

帰りに、両親の家にたちより、安否確認。
裏のお寺の枝垂れ桜が満開でした。

夕方山に戻って、Ne.co.に寄ると、
夕日に照らされたシカの三兄弟が出迎えてくれました。
5月7日は、ジビエのイベントやりますよ。

30代の頃から、人生の終い方が気になっていましたが、
あれから30年、切実な問題になってきました。
死んでから生き返った人にあって話したこともないし、
どうなるのかは知ったことっちゃないけれど、
終い方は生き方。
誰にも、自然の循環にもじゃまにならないように、
さて、どうしようか・・・

2017年4月29日土曜日

お買い得

いよいよゴールデンウィークですね。
今朝は、ここも気温がプラス4度です。
いよいよ本格的に春かしら。
そして下界は初夏でしょうか。


この辺りの下界に、
ツルヤというお気に入りのスーパーがあります。
そこに行くと、まずは消費期限の近いものなどを
置いているお買い得の棚へ。
ときどき、珍しいものもあるのですよ。
今回は野菜の棚で定番のバナナ、
乾物の棚でパスタの粉を買いました。

お昼に生パスタを作ることにしました。
この粉についていたレシピですと、
100グラムの粉に対して卵1個の割合で、覚えやすい。

ちょっと太めと薄めの2種類の切り方にしてみました。
いい感じにできている気がします。

庭で摘んだふきのとうをふき味噌にして、
そこに生クリームを入れて煮詰めて、
茹で上げた生パスタを入れて軽く混ぜあわせます。
結論は、細い麺のほうがクリームが馴染んで正解でした。
次回は、薄めか、細めの麺でやってみよう。
あるいは、ショートパスタにしてみようかなぁ。

むむ、しかし、お金のことだけ考えるなら、
生パスタ作るより、最近安くておいしい
乾麺のパスタのほうが、お得かも・・・


2017年4月28日金曜日

知っているのよ

澄み切ったきれいな朝です。
冷え込んで、車のフロントガラスが真っ白。

昨日の朝、またもや雪が・・・

あら、知らぬ間にこんなに
蕾を持ち上げていたカタクリにも・・・

スノードロップへと続く雪

クリスマスローズにも、パラパラと。

これは、たぶんニリンソウ。
枯れ葉を突き破って出てきています。
すごい勢いですねぇ。

開業した頃はテニスブームで、
ゴールデンウィーク、雪がちらつく中で、
震えながらテニスをなさってる方がありました。
今は昔のお話です。

昨日のBBCのニュースで、
温暖化の影響を受け、
激しい気温や天候の変化に
イングリッシュガーデンの植栽も、
乾燥に強いもの変えたり、
50年樫の木の芽吹きの記録しているおばあちゃんが、
芽吹きの時期が確実に早まっているとおっしゃってました。
植物は黙っているけど、知っているのね。

2017年4月27日木曜日

緋の滝整備

今朝も冷えました。
気温はマイナス1度。
昨夜の雨は、すこし雪に変わったようです。

火曜日の午後、遠くは春日部からも助っ人が来てくださって、
緋の滝遊歩道の整備をしました。
まずは、滝の看板取り付けから。
ボロボロになってきましたが、まだ使えるね。

ペンション村の仲間内では
「年取ってきてさぁ」「具合、悪くてさぁ」「人がいなくてさぁ」
なんていうのが、もはや口癖になってます。
そんなの、日本中どこでもおんなじさ。

でも、これだけ人が集まって、
20代、30代が3人も来てくれたら、上、上、上出来です。
ぼやいたって何も変わらない、いや、すこしは気が晴れるかな。
すこしでも動けるなら、
ぼやいている暇があれば、楽しもう。
笑う門には福来るなのです。

倒木処理班、活躍中!

左奥は、緋の滝。

写真には写っていませんが、
熊手で遊歩道の落ち葉は全部掃き落とし、
くっきり道が見えてますから、歩きやすいですよ。

炭焼き窯もちょっと小ぎれいにして。
緩んでいる階段の丸太には杭をうちました。
急峻な斜面、凍ったり解けたりと、
厳しい自然の中の歩道の維持はなかなか大変。
でも、まだやれそうです。

「滑落しないでねぇ」なんてね。
雪道、ハーハーと息があがってる人もいますが、
もうちょっとだよ、頑張ろう。
雪の下になっていた歩道の整備は、
また雪融けしてからにします。

熊やニホンジカの目撃情報も出てきました。
気をつけながら、お楽しみください。

お手伝いくださった皆さん、
ありがとうございました。


2017年4月26日水曜日

一人花見のススメ

曇空、今日はのんびりのはず・・・

女三人よればかしましいと言われてますが、
一人でも十分かしましい私。
月曜日、用事があって下界に下りましたが、
軽トラックに自転車を積んでいき、
仁礼の里の花めぐり。

観光化されてない道祖神。
ここのお宅のご夫婦は、
この道祖神さんと同じように仲良しなのかしら。

気が向くままに自転車に乗ってグルグル。
田んぼの脇道から、どこかで見た顔が・・・
「あら、りんごちゃんじゃないの」
「おお、よくわかったじゃねぇか。
たまにもオラッチにもよってけぇ」ってお誘い受けました。
ありがと、うれしいな、もう40年近い顔見知り。
お互い歳を取りましたね。

ピントがあってないけど、菜の花畑を撮りたかったので。

湯っ蔵んどの裏のソメイヨシノは満開。

プラム(プルーンもかな)の花も満開。

金網を写したくないからと、
金網にへばりつく自分の姿が
不審なオバアサンそのもので、笑っちゃった。
ということで、金網ありの写真。
私が小さかった頃、
学校に桜は、つきものでしたが、今はどうなのかしら。
ゴールデンウィーク頃には林檎の花が咲きますよ。
皆さんも、一人お花見、いかが。

2017年4月25日火曜日

ゴソゴソと

今日もいいお天気です。
朝は区の清掃作業、
その後は観光協会の作業、
そして午後はマインの緋の滝整備作業と、
1日中外で肉体労働です。
お天気で、大助かりです。


先日は食べ物ばかりだったので、
今日は人間シリーズ。
屋根から落ちた雪も、
毎日どんどん溶けていきます。
この雪は数日前なので、今はもう少し減りました。

雪が溶け始めると、
なんとなく、皆動きがよくなる・・・

週に1回だけのヨガですが、
高齢化で悩んでいましたが、歯止めがかかるかしら。
1回800円、基本毎週月曜日、
どなたでも大歓迎。

この人にもまた、この季節がやってきたようです。
スキーに乗っていない日は、自転車に乗ってます。

やっと、外で遊べますね。

ヨガが終わって小屋の前を通ると、
親方の軽トラックが停まっていました。
さすが親方、様子を見に来てくれて、
シートを剥がして、
竹の雨樋も取り付けようとしてくれていました。
私ももちろんお手伝い。
その後、小屋見学に今、家を建築中という友人と
左官屋さん、工務店さんが現れて、
なんだか野郎どもは、嬉しそうに建物談義。
さーて、私は今年は芝を張って、
ブルーの壁をなんとかしなくちゃね。
しかし、親方、足長いなぁ。

2017年4月24日月曜日

緋の滝、Welcome!

月曜日、快晴です。

昨日の午後、
明日から緋の滝でのマインの
作業を始めるので、お天気もいいし、
散歩方々下見に行ってきました。
一人でいこうと思ったのですが、
クマ動き始めてますし、
残雪が多いので足場も悪そうなので、
望月が同行してくれました。
まだ北斜面には雪が残っているので、
夏にはいけない場所にも入ってみました。

予想通り、斜面では根元から
倒れている木が今年は多いです。

歩道に関係がない場所ならそのままにしておきますが、
これは歩道の上にバッサリと倒れこんでいるので、
作業の時に何とかせねば・・・

倒木によって光が入ると、
また新しい命が生まれます。
自然、あるいは人工的な撹乱によって絶滅もあれば
新しい命を生むこともあるのです。

緋の滝、雪が多かったせいか
例年以上に水量があります。


緋の滝から第2緋の滝への沢筋

二股という通り沿いの沢にも福寿草があります。
もう一つ奥にある沢は、今回降りて行きませんでしたが、
その場所には、もっとたくさんの群落があります。


途中、ベキベキと枯れ枝を折りながら、
道の確保。

第2緋の滝
右手の枝は根元は岩の上だけれど、
いずれ自然に落ちてしまうだろうから、
そのままにしておこうか・・・
ちょっと邪魔なような気もするし・・・

第2緋の滝の滝壺の虹

第2緋の滝上部

カタクリテラスのひだまりに、
今年の一番乗りのカタクリが

いや、こちらが1番かしら。
まだ2株しか蕾を見つけられませんでした。
どちらもツヤツヤと元気に、春がきたと喜んでいる様子。

ガーデンニングのベルっぽいけれど、
これは熊よけ用のベルです。
決して、クマにWelcomeと
挨拶してるわけではありません。

カラマツコース(林道)もまだほぼ全面雪です。

往復約1時間半。
やはり標高差が200メートル近くあると、
これくらいはかかると見ておいたほうがよさそうです。
緋の滝はこれから美しい季節をむかえます。
大勢の方にお楽しみいただきたいと思うのですが、
ここは1000メートルを超える山の中です、
どうかあまく考えずに、
クマへの対策、足元の確保、お願いします。
特に一人でお出かけの方は、
携帯もつながりにくくなりますから、
お気をつけください。

5月からは菅平のやまぼうし自然学校さんのご協力で、
ガイドウォーキングも行います。
*****
花と新緑の緋の滝ガイドウォーク
*開催日 5月8日(月)、9日(火)、11日(木)、14(日)、15(月)、16(火)
19(金)、22(月)、23(月)、26(金)、27(土)、30(火)
*所要時間  2~3時間
コース カタクリテラス、第2緋の滝、緋の滝(高低差約200メートル)
*ガイド やまぼうし自然学校
*要予約 3日前までにご予約ください。
*参加費 500円(お一人)
問い合わせ/申込先 峰の原高原マイン 福永090-8686-7473