2017年3月31日金曜日

おなごりおしや

3月の最終日、曇り空が広がっています。
ああ、名残惜しいなぁ、冬。

題名とは全く関係のない写真3枚です。
お客さんからこんなおまんじゅうをいただきました。
関東の方ですが、愛媛のお菓子でした。
「真空パックになってないほうが、
おいしんですけど」と、申し訳なさそう。
この少し前は「ゴミが出ないようにと思って、
袋入りにしました」と仰って、
おせんべいをくださいました。
皆さんにお気遣いいただいて、
やはり私がプレッシャーを与えているのかなぁと
申し訳ない気持ちになりました。
ごめんなさいね。
でも、おいしいものはうれしい。
ありがとうございます。

そう、お気遣いいただいていることは、
他にもたくさんあるのです。
テレビのある部屋にこたつがあるのですが、
驚いたことに、お使いになった後、
ほとんどの皆さんがこたつを整え、
スイッチも切ってくださるのです。
私の節約エコにご配慮してくださっているのでしょうか。
1軒くらいこんな宿があってもいいのか・・・

これは次男のアラスカ土産。
アラスカの雄大な自然に言葉を失ったようです。
怖さ知らずのムサイ男旅だったようですが、
事故にも合わず、無事に帰ってきてよかったです。
それにしても、アラスカ土産がコーヒー豆
(パッケージのイラストが気に入ったらしい。
コーヒーカップからワタリガラスが飛び出ているのは、
たしかにアラスカを感じさせますけど)と、
コーヒーとは関係のない茶こしと、
現地の人が「道はいらねぇ!」と
反対運動をしているステッカーって、
いったいどういう取り合わせなんでしょう。
うちの家族らしく、脈絡なし、
行き当たりばったりだけど、
ちょいエコ感がでてるというか・・・

何方様も、ありがとうございます。


2017年3月30日木曜日

あしたは良くなる

今朝も、晴れてます。
とうとう花粉が山までやって来ました。
もう1回くらいスキーに行こうかと思いつつ、
今日も下界の歯医者さんへ。

とうとう屋根からの雪が玄関の軒の高さまでになりました。

おかげでというのも変ですが、
お天気がよくても悪くても、
窓からの景色は雪の壁だけとなりました。

そんな雪の上に、エルタテハが。
すごいですねぇ、この体で越冬して、
日向に飛んできてひなたぼっこ。
必死で生きてます。
命を感じる春です。

I am not ephemeral.
色鮮やかな絵の小さなチョコレートの缶には、
重い言葉が書かれています。
このチョコレートの売上収益は、
イラクの小児がんの子どもたちへの支援、
イラン国内避難民、シリア難民、
福島の子どもたち支援などに使われます。

1月にまとめて買って、
ペンションでも販売していましたが、
コーヒーなどのカゴの中に紛れ込んでいたようで、
1つ残っていたのが出てきました。
絵は、難民の子どもたちが描き、
チョコレートは、北海道の六花亭のものです。
今年のチョコレートの販売が終わりましたが、
ほかにも子どもたちへの支援ができます。
ご協力ください。

あしたは良くなる。

2017年3月29日水曜日

お急ぎください。

今朝、空は満開の桜のような
薄いピンク色に染まっています。
今日は、どんなお天気になるのかしら。

最近、また雪かきをしています。
まだ、こんなに雪があるんです・・・
でも、スキー場は4月2日(日曜日)までです。
滑り足りない方、お急ぎください。

この間のワームの最後の写真はこれです。
ガトー・インビジブルという、
ちょっと堅苦しい名前。
りんごのケーキなのですが、
「今年にスイーツ界の新星」らしいですよ。
スライスアーモンドがなかったので、
くるみに変えてみました。
食べる前に粉砂糖をかけます。

お天気が良いと、日当たりの良い道路脇に、
ひなたぼっこにキジも現れます。
そろそろ繁殖期かしら。

さて、私も最後まで油断せずに
冬シーズンを終わらせなくちゃ。
いやいや、その前にもう1回くらい
スキー場に滑りに行こうかしら。
結局今年は、何回滑ったのかなぁ。
年々回数が減っていきます。

2017年3月28日火曜日

B&G

屋根から落ちてきた雪に囲まれて、
お天気すらもわからない。
でも、わずかにのぞく空を見ると、
今日は晴れそうな感じ。

あちこちの直売所などに、
味が落ちてきたリンゴが安く並んでいます。
つい買ってしまうのよねぇ・・・
そこで、直売所にあった赤カブと一緒に
甘酢漬けにしようと思い立ちました。

つけて数日すると、リンゴも真っ赤に染まります。
「いけるやん」と、気に入ってます。
赤かぶリンゴジャムもいけそうな・・・

また息子のカード会社の季刊誌が届きました。
「ジャズかぁ、オジサン好きそう」などと、
思いながら、ついオバアサンも読んじゃいました。

おお、落合恵子さんも載ってる。
離婚したあの頃、
落合さんの本を読んで励まされたなぁ。
子どもが小さかった頃は、
上京すると必ず原宿のクレヨンハウスに立ち寄って、
絵本を買っていました。
こどものじゃんぐるも、
ミズ・クレヨンハウスというショップで、
グッズを売ってもらって助けていただきました。
今思えば、自分で売り込みに行ったことに驚きます。
なんというか、大した度胸というか、怖いもの知らず。
なぜ、そんなことできたのかなぁ・・・
峰の原にも来ていただいて、
お話もしていただいたこともありました。
落合さんがクレヨンハウスを始められた頃に、
私はペンションを始めていたのねぇ。

さて、昨日のそこそこの写真は、
カブトムシの幼虫でした。
虫はどうも苦手というか、
申し訳ございませんでした。
埼玉の友人の庭に100匹もの幼虫が見つかり、
里親を探してほしいと言われました。
モゾモゾと動くので、
腐葉土に水をかけてみたり、
気になってついつい覗いてしまいます。

そして、昨日のB&BとG&Gですが、
また新しいの思いつきました。
B&Bでバアサン&ベッドというのも、
いかにも我が家らしくいいけれど、
B&Gってどうでしょう。
バアサン&ジイサンじゃないですよ。
バアサン&ガールズです。
ちょっと明るい感じしませんか。
B&Gふくながに改名しようかしらなんてね。

毎日、雪に埋もれ、こんなアホなこと考えながら、
あれこれこちょこちょ楽しく暮らしています。

2017年3月27日月曜日

ワーム

また真冬に逆戻り。
ですが我が家には・・・

昨日、こんなナマモノが届きました。

わかるかなぁ・・・

ぷっくり・・・

さて、ではこちらは何でしょうねぇ・・・
正解は、明日。

こういうの苦手な方、ごめんなさい。

2017年3月26日日曜日

いやはや

いやはや、また雪です。
いいけどね・・・

24日にお休みをいただいて、
日の出町(もう20年以上前、
ここの最終処分場の反対運動をしていた方に、
アルミ缶についていろいろ教わりました。
結局、最終処分場はできてしまいましたが)の近くへ。
ものすごく大きなイオンモールで、
セルフのレジを初体験。
すでに上田などにも導入されてるそうですが、
電車の切符を買うにもドキドキする私に、
こんなことできるかなぁ・・・
しかし、なんで、
機械にビクビクしなきゃいけなんでしょうねぇ。

福永夫妻に3人めのひ孫誕生。
初めての女の子で、嬉しそう。
いやはや、高齢化で、
ひ孫も珍しくなくなってきたようです。

いやはやという題をつけたので、
ついでに、いやはや話をもう一つ。
徐々にペンションを
B&Bにしたい思っているのですが、
最近、G&Gになるんじゃないかという気がしてきました。
B&Bって、ベッド&ブレックファーストの略ですが、
私は、バアサン&バアサンで女性のための宿の
イメージを描いていたのですが、
どうも、最近ジイサン&ジイサン色が
濃くなってきているような・・・
いやはや、思い通りにはいかないものですね。

2017年3月25日土曜日

女子旅 ランチとスィーツ

晴れました。
今日は3月最後の週末。
たのしくいこう!

さて、上田の続きです。
上田に下りた目的はお花屋さんだったのですが、
お花を作ってもらっている間に
お城の近くの「お城の坂道」さんでランチ。

私は初めて入ったお店でしたが、
女性が二人で切り盛りしておられ、
お客さんも一人でいらしていた女性が
二組いらっしゃいました。

とくにおしゃれとか本格的な専門店といった
雰囲気ではないのですが、
台所に並ぶ手作りの瓶詰めやら、
調理器具の片付き方に
お料理がお好きなんだなぁ、
日常的に料理をなさっているのだなぁと。

こんな可愛らしい雛人形が飾ってあったので
「かわいいですね」とお声をかけたら
(左大臣と右大臣の段の右端のお地蔵さんは、
知らない間に何方かが置いていかれたとか)、

「私の母は96歳なんですが、
福島からお嫁に来るときに持ってきたもので、
この木箱に全部折りたたんで入るんですよ。
高価なものじゃないと思うけど」と、
奥から箱を出してきて見せて下さいました。

お食事は、奇をてらうようなものではないけれど、
ベテランさんの真面目な家庭の味。
「えらいなぁ」、と感心。

精算をしながらお話をしたたら、
なんと菅平ご出身の方で、
共通の知り合いがいることがわかりました。
40年前に菅平を降りたとおっしゃったので、
私とは入れ替わりかな。
夏には、昔を懐かしがれられるお母さんを車で、
菅平へドライブにお連れになって、
峰の原の見晴台で、
お弁当を召し上がったりなさっているとのこと。
そういえば、去年の夏、
母子でお弁当を広げておられた方に、
見晴台で、お声をかけたことがあったと今頃思い出しました。

お花を受け取り、買い出しも済ませ、
真田の直売所に立ち寄ってから、
目の前の洋菓子屋さんへ。

イートインでティラミスや抹茶のムースを。

ここのケーキは、なかなか繊細。
パティシエさんは元高校球児だったとか。
コーヒーをいただいてのんびりしていたら、
なんと、ひょっこり友人が子連れで現れました。
お店の奥さんとママ友だとか。
田舎は世間が狭いというか、
こういうつながりは、ちょっと楽しいね。

この日も、ご縁がいっぱい、
女性づくしの1日でした。
ほんの僅かな会話があれば、旅が輝きます。

2017年3月24日金曜日

女子旅 上田

昨夜もうっすら雪が積もりました。
夜明けが早くなり、
アルプスの上に青空が見えています。


昨日のモノトーンな写真から一転して、
今日は春色ですよ。
うふふ、また女子旅してきました。
 今回の女子旅の相棒は、次男の奥さん。
付き合ってくれて、ありがとね。
そして行き先はここ。
お花屋さん、パペトゥリー。
姪の友達が去年の秋に始めた
彼女らしい優しい雰囲気のお店です。
どうしよう、あれもこれも欲しいと、
座り込んで悩むオバアサン。

今日、姪のところに行くので、
プレゼント用のアレンジメントを作ってもらいました。
私が欲しくなっちゃって、どうしましょう。

お花屋さんって、見た目の華やかさより、
力仕事で、結構大変だと聞いていますが、
小学生の女の子の「将来の夢」には、必ず登場しますよね。
彼女も夢を叶えたのかしら。

彼女の手作りのコサージュもあります。
アレンジメントもブローチも、
なんか安いような気がする・・・
彼女らしいというか、控えめなのかも。
「大丈夫かな、これでお店やっていけるのかなぁ」って、
ちょっとばかり心配するおせっかいなオバアサンですが、
彼女の人柄なら、きっと皆に愛されるから大丈夫、
ちゃんとやっていけるでしょう。
自営業は人柄です。
なーんて、ごめんなさい、
人柄の悪い私が言っても説得力ないか・・・

うふふ、また私の希望が星が増えました。

2017年3月23日木曜日

春の兆し

今日は、お天気になりそうかしら。
ということは、花粉が・・・

 昨日までの写真とは大違い。
山の春はまだ先になりそうです。
とはいえ、屋根の雪が落ちるということは、
北海道の流氷ではないですが、
落氷は春だという兆し。
玄関は塞がれてしまいました。

氷の厚みは20センチ近くあります。
まだ屋根の上には一部残っていますので、
我が家にお越しの方は、
お足元と頭上にご注意ください。

ツルハシとスコップで、
とにかく出口を作らねば。
重くて大変。

雪の華が満開。

綿毛のようですね。
ノリウツギ

南側も落ちました。
呆然・・・

1回は完全に埋もれました。
でも、ガラスも割れず、一安心。
こんなにある雪が、あとひと月もしたら
消えていくのが信じられません。

自然のすごさに毎日圧倒されますが、
それを感じられる暮らしが気に入ってます。

2017年3月22日水曜日

女子旅 善光寺界隈小径

今朝も雪が舞い、気温はマイナス6度。
雪の華が美しい。


ギャラリー、和菓子屋さんの次は、
お腹が空いてきたので・・・
善光寺の界隈には路地のような小径がたくさんあります。
それにしても、私、小さいなぁ。

ここは何のお店かなぁ。

手作りの帽子屋さん

雑貨屋さんかなぁ。

  
ランチはここで。

本棚があって、自由に本も読めますよ。

お料理を待っている間に、
ギャラリーで買った絵葉書を見て、
「どれがいいかなぁ」
「どれも、いいよねぇ」と、
なかよしオバアチャンと孫な感じ。

鯖の唐揚げ揚げ甘酢あんかけ。お野菜もたくさん。
御飯の量は、選べます。
私はこのランチとコーヒーで1000円弱。

ヨーロッパの友達のところへ行っていたからと、
おみやげをもらっちゃいました。
石鹸のパッケージ、私好み。
そして、ピースマークの飾りがついてるぅ。
友人の娘は大学1年生。
私の希望の星がまた一つ。

あっという間の2時間半。
ずっと笑って、たのしかった。
また、デートしようね。