2016年6月30日木曜日

いただきました・・・

 さぁ、今日はとりあえず、家の掃除から!

千曲市で、おいしい杏を作っておられる北條さんから、
おいしい、おいしい杏が2種類届きました。
シンザンマルは、素朴な甘さの小粒です。
ハーコットは、もはや杏ではないというか、
甘い甘い生食用の大粒です。

火曜日に須坂に時間ができて、
ちょうどお昼だったので、市役所でランチ。
しかし、このカタヤキソバのキャベツ、硬すぎないのかなぁ。
私の歯が、ちょうど治療中だったからかしら。

数日前に二郎の誕生日に妻が作ったというケーキを、
おすそ分けしてもらいました。
うふふ、あまーい♪
マンゴーが、トロピカルな感じ。

あらぁ、この間は、
うんちマンと糞土師がお泊りでしたが、
(うんちマンがブログに森フェスのことを書いてくださいました)
これは誰の落し物かしら。
ついつい食生活が気になって、
じっくり観察しちゃいました。

2016年6月29日水曜日

床は、たたきに

森フェスも草刈りも、あれもこれもとやりながら、
小屋もやってます。

漆喰を塗る前のモルタル塗りはほぼ終了ということで、
次は、床です。
床はイラストレーターの友人も参加します。
床は、タタキになるそうで、
まずは例によって試作から。
もちろん親方オリジナル配合。

こんな感じでさぁって・・・

とりあえずは、こういう風に叩いてさぁ・・・

こんなものも入れてみようかぁ・・・

これでしばらくおいてみて様子を見るそうです。
さて、どうなるのかなぁ。

親方は、玄関口の軒を作る作業に入り、
私は、漆喰塗りの下準備始めます。
まだまだ、けっこう細々あるのですよ。

2016年6月27日月曜日

緋の滝草刈り

雨と思わずに起きてきたら、雨でした。
雨の日はしっとり。

昨日は峰の原の観光業関係者住民の草刈り日。
緋の滝の林道手前で、
ヒョコヒョコと地面を歩く?アカゲラ発見。
幼鳥かと思ったけど(大人のメスは頭が黒いのですが、
巣立ちの頃の幼鳥はどちらも赤いそうです)
これは立派なオトナのオスのはず。
でもどうしたんだろう、飛べないみたい。
このまま、自然界で生きていけるのかしら。

久しぶりの第二緋の滝。
オヤジ5人、若者一人と草刈りでしたが、
なんと、そのうち3人は緋の滝初めてって、
第2緋の滝には4人が行ったことないって・・・

「秘境ですね。びっくりだ」って、
おいおい、君はここで生まれたんでしょう・・・

さて、やっと終わりました。
これからこれを担いで上ります。
きれいになって、いい運動もできて、
草刈りは2度おいしい!
さ、皆さんも、一緒に草を刈りましょう!

ワワワ、今日もうっかり

忘れてました。
というか、昨日アップしたのを今日だと思ってました。
何か、1日なのに2日みたいな気分。

森フェス二日目
いやはや、今どきの研究者さんは、
驚くほどお話がお上手。
もう、芸人さんも顔負け。
そして、ここ数年の森フェスは、
ステージでじっくり聞いてくださる方が増えました。

受付の中も、ずっと笑顔が絶えません。
私も笑ってしまって、手が震えてます。

信州大学の学生さんの演奏はフレッシュで、
緊張感が伝わって、若々しさが気持ちいい。

外の芝生も満杯。

3時頃になって、ようやくお昼を頬張るスタッフ。

うんちマンの周りには、いつも人だかり。
まるで、ハメルンの笛吹き男のようだとか。

夕方近くは、民族調の音楽が流れ

バスに乗り遅れたお客さんを駐車場までお送りした帰り、
根子岳も四阿山も霧の中。

今年も事故もなく、お天気にも恵まれ、
たのしい2日間を過ごさせていただきました。
来年も、やります!

2016年6月26日日曜日

ゆるゆるスタート

わぁ、朝、更新したつもりでした。
遅くなりましたが、昨日の森フェスの様子です。

毎年土曜日の朝は、人もまばらですが・・・

徐々にい客さんも増えてきて

「こんな真面目な講演に、非宇土が来るなんて思わなかった」
というくらいの人が集まり

外はいつの間にか、いっぱい!

裏庭にも

ホールには、うんちマンと糞土師

こちらもだんだん人が増えて

売れているかな・・・

映画の、前宣伝も

夕方には、こんな雰囲気にも・・・

さて、今日も「森」だくさん!

2016年6月25日土曜日

ブレブレ

雨が上がりましたが、
このまま降らなきゃいいなぁ・・・

昨日は、妹に家にソファーを運んだ後、
1時間ほどモルタル塗りをし

学校の音楽会の最後に滑り込み

小学校2年生の教室で給食をいただき

子どもたちが名前をつけて飼っているサンショウウオと
孵ったばかりのカエルの赤ちゃん

いやいや、小学校2年生、面白くって、楽しくて、
おばあちゃんは大興奮。

その後、こんな方を森フェス会場へご案内。
東京からこのスタイルでお越しくださいました。
明日のワークショップ、ご期待ください。

そして、また学校に戻って、
今度は根子岳の講演会を聞きました。
根子岳の魅力、まだまだありますよ。

この後、森フェス準備に戻って、
駐車場のライン引きなど・・・

バタバタで、写真はブレブレ。

2016年6月24日金曜日

霧の中からスタート*信州森フェス!

さぁ、金曜日。
今朝も薄曇り。

昨日の朝、誰もいないスキー場に、
森フェスのための幟旗のポールを借りに出かけました。
さすがの私も、くまに出会わないかと不安になり、
車のライトをつけ、
クラクションを鳴らしてみました。

菅平の大松山の上部も霧。

ただいま!
今年で6年目。
まさかここにこんなご縁があったとは。
この場所、この友人達がいなければできない、
私は毎年この2日間、
ものすごく恵まれた贅沢な遊びの時間を頂いてます。

今年も、手描き、手作業の森フェス。
1000人もの方が来てくださるようになったのに、
たったこの数人で作り上げてることに、
自分たちでも驚いています。
もちろん、私達の後ろには何十人、
いいえ、数えきれない人たちが支えてくださってます。
ありがとうございます。

こんな子も、影でアホな大人を見守ってくれてます。

6年前、ちょっとした講演会でもと声をかけたら、
「せっかくやるなら、
ならたのしくなくちゃ」となり、
1年だけ、とりあえずこの場所でと思って始めたのに、
毎年準備しながら「来年はこうしたらいいね」
なんて、口にするようになり、
結局、毎年全力疾走。
ある意味、お祭りは全力疾走するから
お祭りなんでしょうね。
まさに2日間の私の体力の限界を試すための
お祭りみたいなものです。

お時間ある方は覗きにいらしてください。

2016年6月23日木曜日

オジサン達と

梅雨空続きます。
九州の雨が気になります。

基本、私は女性が好きというか、気楽。
オジサン、オジイサンには、目線が厳しいのですが、
なぜか、私自身が精神的にはオジサンだからか、
周りは、オジサン、オジイサン友だちも多くて・・・
そうね、もはや男性とか女性で区別してるのは、
人生の時間の無駄ですね。

この方は、「バッタがいる」と写真を撮り

バッタ(多分オジサンだと思う)は
暖かいハーブティのポットにくっつき、

オジイサンに「ちょっと俺の田んぼに寄って、
水見てきてくれる」と、頼まれ

うんうん、なかなかいい感じ。
セメント買って、食料品買って、
田んぼの水を見に行って、
何をやってるんだか・・・

小屋を覗きに行くと、
60代、50代の元青年たちが、
それぞれのスタイルで左官やってました。

やっと、外壁、1面終了。
妥協のない、満足な出来上がり。
3回塗っただけのことはある。
下地塗りは私達もやりましたが、
2回3回は、親方の渾身の左官作業でした。

そして、床の「たたき」(たたきにするらしいです)
担当のイラストレーターの友人が親方が相談中。
まだ、天井もモルタル塗ってないから、
床は最後になりますが、さて、
いつ、どうなるのかなぁ。
たった10坪ですが、鶴丸ワールド展示館です。

2016年6月22日水曜日

ジジババライフアスリートたち

薄曇りの今朝。
遮光カーテンというものがない我が家、
こういう日は遅くまで寝てしまいます。


昨日はマインの定例作業日。
この時期は、とにかく草刈り、草抜き。

あー 終わった!
なんとかなるもんだ。
疲れても会議よりいいなぁ。

午後は、またこれ。
もしかしたら、左官屋さんいいかも・・・
しかし、この振動、この姿勢、腰痛になるなぁ。

モルタル塗りを終えて、親方と土壁チェック。
妥協しな親方の姿勢には、脱帽。
そりゃそうだ、これは作品として、
ずっと残るものなんだものね。
私が親方でも妥協しないわ、しないはず、
いや、妥協ばっかりかな。

何度試作をしたことか。
そしてやっと納得の配合を見つけ出したそうで、
前に塗った部分は、またやり直すと。
「当たり前だよ。これくらい」ですって。
その上、親方は昨日は小屋に来る前に、
須坂の畑と真田の田んぼの作業もしたきたとか。
私もかなりアスリートっぽい暮らしになってきてますが、
親方は、トライアスロン選手のようです。
体が心配・・・

そうだ、私達のような人を、
日常の暮らしで細々動き回るので、
ライフアスリートと呼べばいいかも。

でもね、おやつの時間には、こんなことしてるんですよ。
毎日、小屋に遊びにやってくる姪とその息子。
鶴丸じいちゃんは、やさしいからねぇ。