2016年5月31日火曜日

ともだち、何人できるかな

日曜日のお客様は、
大学時代のお仲間と信州旅行を
たのしまれている方々でした。
ワハハ、オホホと、笑い声が溢れ、
友達って、いくつになっても友達ですね。

野菜たっぷりがお好みのようだったので、
朝食には、新ごぼうのポタージュスープをお出ししました
(色がうまく出てなくて、ごめんなさい)。
健康が気になるお年ごろですし、
脂肪控えめに、豆乳など使いました。
新玉ねぎ、新じゃがいも、新ごぼう、
みずみずしい野菜がいっぱいの季節ですね。

人参、ルッコラ、りんご、たんぽぽの葉っぱなどなど。
さてこれは何になるのでしょう・・・

台所の片付けを済ませてから、
客室の掃除をしながら刺繍の額を眺めました。
この刺繍は、母の高校の先生から頂いたものです。
たまたまこの図案の刺繍を頂いたけれど、
何か、私の未来を見抜いておられたかのような。
偶然が、なんとなくうれしい。

掃除が終わって、ご近所の用事があったので、
自転車で出かけたのですが。
おやっ、誰かが私を見てるような。
あらぁ、あなたも、
白髪が目立ってきましたねぇ・・・

2016年5月30日月曜日

庭歩き

そんなに、いそがないで!
なんて、家の中でも走ってる
私が言うのもなんですが、
とにかく、花が一気に咲いてます・・・

スズランが足に触れると、いい香りが広がります。

グッチ教授峰の原原産クリンソウ、
今年も咲き始めました。

ノビネチドリ
今年も、ひっそり、一人で咲いてます。

ミズナラも地味に花を咲かしてますよ。
今年のどんぐりのできはどうかなぁって、
森のくまさんもつぶやいているか・・・

2階の客室のガラスを磨いていて、ふっと目を下に向けると、
むむ、手を入れない状態の裏庭、
いつの間にか、エンジュ、ウワミズザクラ、ノリウツギと、
知らない間に樹木園になってる。
楽しみ、たのしみ!
手を入れないと、
知らないお宝発見気分になれます。

出窓にクレマチスのツルが、風で下がってきて、
花の咲いている間、しばらくこうしてお花見を楽しんでます。
ああ、いい季節。

2016年5月29日日曜日

田植えなんですが

昨日は、棚田の田植え。
でも、その前に・・・
まずは信州サーモンをマリネに

花豆も戻し

「ああ、おそくなったぁ」と、
田んぼに行くと、
上田の大学生の助っ人がやってくれてました。
韓国からの留学生も。
ありがとう!

いつもは3人でやっていますが、昨日は一人。
でも、おかげさまで無事終了。

朝は薄曇りで、田植え日和でした。

ドロドロになったので・・・

車で5分ほどのところの湯楽里館へ
ここのお湯は、ヌルっとして、すべすべしますよ!

コンパクトですが直売所もあって、
お漬物が、おいしいの。
昨日のヒットは、店員さんの女性かな。

そして続けて上田の直売所に行き、
前から気になっていた、その横の農協の食堂へ。
石臼挽きのお蕎麦、おいしいですよ。

普通のメニュが、いいなぁ。

もりそば700円。
ごちそうさまでした。

帰ってきてからが、またまたいろいろありまして。
ちりめんじゃこ(硬めがいいです)を買ってきたので、
山椒の花と一緒に佃煮に。

今年初者のルバーブをジャムにして

ワラビのあく抜きをして

「買ってください」と、
私を誘っているように見えた赤紫蘇を煮だして

小屋作りの親方の鶴丸さんの柿酢も加えて、
しそジュースを作りました。
ああ、またこの色の季節がやって来ましたね。

昨日の大ヒットは、
あちこちのお店ではたらくオバサマ方でした。
綺麗でおしゃれで優しいお姉さんはもちろんいいけど、
信頼感のある、生活感あふれる優しいオバサンは素晴らしい。
さ、今日は、うちもお客様です。
粗相のないように、バーサンも気を引き締めなくちゃ。

2016年5月28日土曜日

女子旅 須坂その2

灯台下暗し。
近いところはいつでも行ける、
行ってなくても知ってる気になって、
行かないことが多いかも。

というわけで、同業者(宿泊業)で、
泊まらないと敷居が高いと思っていた友人達を誘って、
ゲストハウス蔵におじゃまさせていただきました。

あっけらかんと、
明るい笑顔で何でも話してくださる
オーナーのまりなさん。
うふふ、明るいマルイチ
(うちではバツイチとは言わない)
仲間が増えた。
若い友人達には、なにか刺激になったかな。


暗くてピンボケになりましたが、
昔銭湯にあったような下駄箱は、
現役のコインロッカーとして使われています。
金属のロッカーが嫌で、
ネットオークションで手に入れたそうです。

昔は、ごく普通に思っていたけれど、
今見ると、これはすごい技ですね。
職人さんが減り、
今じゃこの薄さの細工は貴重だそうです。

そうね、うちも宝塚の家はタイルの流しでした。
目地が減って、ときどき目地の穴埋めしてました。

男女別の相部屋が2部屋ありますが、
1部屋だけ、個室もあります。

ここのカフェは、
まりなさんのお母様が営業なさってますが、
開業当初はランチもやっておられましたが、
今はこの方から教わった、
http://www.trip.kyoto.jp/spot/db/La-Voiture/
作るのに7時間かかるというタルトタタンを
季節に出しておられます。
残念ですが、今はお孫さんが生まれ、
りんごもない季節なので、
しばらくカフェも休業中。

カフェや喫茶店、気軽に入れるおしゃれなお店は、
お客の立場では、ずっとあってほしいものですが、
経営的には、なかなか難しい・・・
まして人口の少ないところではねぇ・・・

そして、ゲストハウス蔵から一軒下が
蝶の博物館さんで、そのもう1軒下に、
このやさしそう名前のパン屋さんがあります。

きれい好きで、真面目で、
やさしそうな感じの姉妹が、焼いておられます。
当たり前ですが、
人が作り出すものには、すべて個性が出ますね。
ああ、私の作るものは・・・

そして、バラが咲き始めたおなじみの
ガーデンソイルさんにも立ち寄りました。
ここからは、根子岳がきれいに見えます!
ペンション村は、この写真の根子岳の右下辺り。

家に戻って、いつもの山菜のおかずで夕ごはん。

さて、今日は稲倉の田んぼの田植えです。
初めて一人で参加です。
頑張るぞ!

2016年5月27日金曜日

女子旅 須坂その1

峰の原の若手女子(私より若いってことで)と、
「いったことない」「しらない」
「連れててってください」ということで、
須坂に下りて行きました。

男性には、量も上品すぎるかもだし、
雰囲気も入りにくいかもしれないけど、
私は、冷凍やレトルトなど使っておらず、
見た目は地味でもちゃんと作ってることがわかる
aiさんに行きます。

ここも男性は入りづらいかなぁ・・・

シロツメグサが香ります。




すごい!
うちのヒンメリの何十倍だろう・・・
これはもうシャンデリアですねぇ。

奥の不思議な布のトンネルは、
フィッティングルームでした。
なるほど・・・

この土蔵の二階の梁の太さは、凄い!
 
おお、この麦がヒンメリになるのかな。
雑貨屋さんの楽しみは
女子にしかわからないかもねぇ・・・

ここにもこのお店の方のインタビューがありました。

2016年5月26日木曜日

あれもこれも、小屋も

また水色の空が戻ってきました。
今日も暑くなるのかしら。

マインの作業も、草刈りがメインになってきました。
ここでもおばさんパワー全開。

草刈りの後は、花の名札つけ。

名札をつけることで、名前を覚えられますし、
見に来てくださる方にもいいのですが、
ここが人によって管理されてることがわかって、
抜き取ったり、踏み荒らす人が減ったような気がします。

このセミは八日目の蝉かも・・・

小屋の手伝いも、少しですがやらせてもらってます。
昨日は、ネジ釘を隠すためのダボを打ち込む作業をしました。

この間、この2階の隅っこに、
コウモリが身を潜めていたけれど、
作業の物音に驚いて、どこかへ引っ越したのかなぁ。

2階の本棚の前のキャットウォークの手すりが、
どんどんワイルドになってます。
天井にも漆喰を塗る予定ですが、
さて、どうなるのかなぁ・・・