2015年10月31日土曜日

買い出しに

今朝も気温は0度をわっています。
もう、それが当たり前の季節です。

いろいろ楽しませてもらった
10月も終わり、名残惜しい。
でも、ま、11月もおもしろそう。

今はもう、わが家にはペレットストーブはないけれど、
なんとなく気になります。
ペレットを長野県が導入するときに、
ペレットをどこでも簡単に買えるようになると
いいのにというような話がでていましたが、
やはりここまで来るには10年以上かかりましたねぇ。

週末の買い物や小屋で使う資材を
買い出しに行きました。
東御市には、大きな資材売り場のある
ホームセンターがあり、大助かり。
軽トラック大活躍です。
親方は、そろそろ土壁の土作りの
試作を始めるようです。

菅平ダムの下の佐助橋から見る
カラマツ林と根子岳と四阿山。
またこの季節になりました。
1年、あっという間ですね。
来年、この景色見られるのだろうか・・・

午後からはまた小屋の現場へ。
私の仕事はこれでした。
竜巻や強風でも持ち上がらないように、
こういうことをするらしい。

親方は、ひたすら土壁の下地作り。
このなだらかなカーブ、いいねぇ。

今日は午前中作業をして、
午後はお客さんの準備です。
ペンションも営業中です。

2015年10月30日金曜日

出窓も

小屋は、冬前にできることを、
コツコツとやっています。
「こんなに立派なものなんだ」
「小屋って、いってたのに本格的」
と、見に来られた方は、
そうおっしゃる方が多いのですが、
私だって、ここまで立派なものになるとは、
想像していませんでした。
親方は、立派なものしか作れない人ですけどね。
そして、これから先もどうなるのかわからない、ワクワク。

クラウドファンディングも残り一ヶ月。
半分ほど達成したけど、どうかなぁ。
たくさんのクラウドファンディングのプロジェクトを見てると、
私のこの小屋なんか申し訳ない気もするのですが、
でも、でも、できることなら達成すれば嬉しいかなぁ・・・

さて、これはなんでしょう?

新しいものは、極力使わないというつもりで、
道具も作ろうかと話していましたが、
これは買うことにしました。
土ふるい機です。
もちろん手動ですけどね・・・

むむむ、出窓になりそうな雰囲気。
この柔らかなカーブ、ふむふむ。

どうやら、窓は3種類の大きさみたい。
「どこかに、竹一本くらいないかなぁ」と、
親方に言われています。
竹もこのどこかの窓の飾りになるようですが、
お楽しみに!

2015年10月29日木曜日

寝るバーサンは育たない。

昨日も、他の用事の合間の朝と夕方柱磨き。
私はひたすら磨くだけですが、
親方は、頭を使って、何やらしているなぁ・・・
今度は、竹を調達するように言われたけど、
いやはや、いったいこの小屋どういうものになるんだろう。

「もう、体験は最後だから、ぜひ」と誘われて、
エアリアルヨガなるものを体験してきました。
ううう、空中に浮かんで動きはたしかに楽だけど、
車酔いのような気分でもあり、
逆立ち効果のようなもので内蔵が上がるのか、
ご飯食べられなかった・・・
もしかして、ダイエット効果ありかもです。
気持ちは、シルク・ド・ソレイユですが、
どう見ても、道化だよねぇ。

そんなこんなで、夜こたつに入ると、こうなります。
抱きかかえているのは、
ファンヒーターからの温風を、
こたつに引きこむアルミの管です。
温かいのよねぇ。
ああ、極楽極楽。

2015年10月28日水曜日

屋根ふき

今朝は昨日とうって変わって、濃い霧です。
今日、山に来られる方は、お気をつけて!

昨日は、息子の友人の板金屋さんが、
屋根ふきに来てくれました。
やっぱり、長髪、ヒゲ男・・・
彼いわく
「ヒゲと長髪でないと、
スキー場には入れないんっすよ」。
ありえない!
作業を覗きにきた妹は
「みんな同じようなオッサンばっかりで、
見分けつかないわ」
と、呆れておりました。
たしかに・・・

ま、見た目などは、どうでもいいんだわ、
皆たのしく、仕事さえ、きちんとやってくれればいいんすよ!


親方も板金屋さんも登場だし、お天気もいいし、
私も手伝いに参上。
で、技術のない私の仕事は、丸太磨きの続きでした。
「おお、いいじゃない、きれいになったよ」
と褒められたけど、
1日磨き続けると、さすがに筋肉痛。
息子の高校生のときの運動着と、
30年以上前のヤッケ(死語なのかしら)が役に立つ。

そして、望月も登場。
こちらは釘打ち専門。

立派な梁の使い道、
良からぬことを妄想する人もいますが…

親方は「ねぇ、窓どういう大きさにする。
こっちは小さい窓にして、
ここはちょっと出窓にでもしようかな。
ここは大きめだねぇ。
壁がある程度ある方がかっこいいんだよねぇ・・・」
と、作りながら考えるというやり方。
出来上がるまで、どうなるのかわからない面白さ!

2015年10月27日火曜日

薄氷

今朝も雲ひとつないお天気です。

昨日の朝、寒かったのですが、
ここはすでに冬だから、当たり前かな。

薄氷もはっていました。

そんな日も作業が続き、今日は板金屋さんが来てくれるはずなので、
私も一日お手伝いの予定です。
冬前に、細々とした用事はあるようで、
土壁の赤土を掘り出して漉したりも・・・

ハックルベリーのドアも別の大工さんが付け替え中。
お向かいのペンションもペンキ塗りが大詰め。
お願い!
まだ、もうしばらくは雪にならないで。

自転車でスキー場のてっぺんまで行くと、
こんな景色が広がっていました。
ここが真っ白になるのも、もうすぐ。
ああ、一年、あっという間ですね。

2015年10月26日月曜日

どこか昭和が似合う

晴れあがって気温が下がっています。

昨日,一昨日は昭和な気分・・・
これをご覧になって、わかる方はかなりの
ペンションふくなが通です。
厚切りトーストが流行った時代、
ペンションの朝食の定番でした。
この土曜日に、開業当時、
スキーやテニスがブームだった頃に
超常連さんで若者グループだった方々が
30年ぶりくらいで訪ねて来てくださいました。
そこで、何か懐かしいものをと考えて、
このメニューを復活させてみました。
アラカンの皆さんには、
ちょっとカロリーオーバーだったかも・・・

すっかり晩秋の我が家の庭で、
記念撮影をなさって、
笑顔でお帰りになりました。
若い時から優等生なお客様でしたが、
30年経っても、やっぱり優等生なお客様でした。
すごいなぁ、うちのお客さんって!
あらためて、我が家はお客様に恵まれていたんだと、
感謝の気持ちでいっぱいになりました。
皆さん、ありがとうございます。

実はそのお客様たちは、おじいちゃんの会社の方々でした。
「私は福永さんが人事部長だった時に、
面接を受けたんですよ」なんていう方もいらっしゃいました。
会社では鬼の福永と言われていたらしい父も、
今やこんなオジイチャンになりました。
ひ孫を抱いて、笑顔な福永夫妻です。
元気に二人で暮らしております。

お客様の後、片付けをして、いざ、お菓子パーティへ!
根子岳は霧氷で真っ白。


開始時間前から、大行列。
これは、嬉しい悲鳴です。
バザーでは、ご飯やパン、手作りの品々も販売しています。

ずらりと並んだ、お菓子たち。

私は今年は、ご飯のケーキ、
花豆ムース、ヨーグルトケーキの3品を出しました。
うーん、納得できなかったなぁ。
ケーキ、最近作らなくなったののねぇ・・・

お菓子パーティはお天気にも恵まれ、
大盛況でした。

平成になって27年にもなってますが、
峰の原って、なんだか昭和な感じがしますよねぇ。
その時代遅れな感じが、温かくていいのかも、
なーんてね・・・

峰の原での40回目の冬は、
もうそこまで来ています。

2015年10月25日日曜日

おいしい秋

今朝は寒々とした空が広がり、
菅平のアメダスでは、6時の気温1℃です。
関東では木枯らし1号が吹くとか・・・


昨日はそんな今日と違って、あたたかな1日でした。
あれ、この姿、シッポが見えないけど、
大きなリスが庭に来てる・・・

落ち葉を片付けてと頼んだのですが、
こんなものを焼いていたようです。
ムラサキイモ焼き芋と焼きりんご。
リスは冬を迎えるためにいつも以上に食べてるのか、
いやいや、うちのオジサンリスは年中食いしん坊。

ミズナラは黄色だけでなく、
こんなに淡い紅葉もするんですよ。

さ、今日はお菓子パーティ。
機能準備はしたけれど、抜かりないかな。

うーん、私は少々抜かりあり。
久しぶりにてのかかるライスクレームケーキを作ったのですが、
どうもクリームがゆるめで、切り分けにくい。
ま、味はいいってことにしておこう。

寒い日となるようですが、
皆さんお菓子パーティにお越しください!

2015年10月24日土曜日

いよいよかなぁ

秋晴れが続いていましたが、
ここ数日峰の原は霧に包まれる時が増えてきました。
そして、そろそろ、来るかなぁ、ヤツが・・・

そんな霧の午後、望月は自転車で

水を汲みにいってました。
ここわき水、けっこう大きなポリタンクなどもって
水を汲みにきている人たちがいます。
ずっと気になっていたので、
飲んでみようということになりました。

試しに、この水でコーヒーを入れたら、
なんとなくまろやかでおいしく感じたので、
今度は、これで紅茶を入れてみましたが、
気のせいか、やっぱりまろやかでした。

そうなんです、ここなんです。
以前、須坂の水の会で調査をしたら、
大腸菌が検出されたので、生では飲めません。
うちも今度はポリタンク持参しようかしら。

春に冷凍しておいたりんご。
今年のりんごがおいしくなってきたので、
冷凍りんごはジャムにします。
お菓子パーティで使ってみようかな。

そのお菓子パーティは、いよいよ明日です。
小さなチラシを大きくしてポスターにしてみました。

うふふ、裏は真田三代!
たぶん真田三代は、
「お菓子パーティが裏だ!」と言うだろうなぁ。
来年の大河ドラマの影響がすでに出ているのか、
上田や真田は建設工事を見かけたり
観光客の姿が多い気がします。
あまり下界に下りないから定かではないし、
秋の行楽シーズンは毎年こんな感じなのかしら。

うちも三代ですが、大丈夫かぁ・・・

お菓子の準備も始めました。

30年以上前の雑誌に載っていたレシピ。
もうボロボロです。

クッキー焼いて、スポンジ焼いて、
昔は手の込んだケーキ作っていましたねぇ。

ケーキを作った後は、
週末の買い物で上田に下り、
帰りはチョット遠回りして、
から松林の黄葉を楽しみました。

今日は、親方が一人で小屋作業。
「本棚作ろかな」「あの赤松使おうかな」などと、
次々と新しい構想を話してくださいます。
きっと一人で作業しながら、
いろいろ考えつくんだろうなぁ。
たのしみ、たのしみ!

2015年10月23日金曜日

見習い中

もうそろそろここの紅葉も終わります。
あたりを一回りすると・・・
フットパスを通るとご近所の
庭のクレマチスがこんな綿毛になっていました。

すごい、マムシグサの実だと思うのですが、
こんなに大きいなんて。

一月ほど前はミズナラのドングリの落ちる音を
聞いていたのですが、
今は固くて大きめのミズナラの葉っぱが
地面に落ちるカサッという音に、
びっくりして振り向いたりしています。
自然の音楽は楽しい。

おやおや、オシダが、まるで水の渦のように見えますね。
それとも蜘蛛の巣かな

お隣のイタヤカエデが飛んできたようです。

わかるかなぁ、ミズヒキの赤い実です。
愛おしいというか、けなげな感じがします。

我が家の庭では珍しい園芸種の西洋アジサイのアナベル。
みどりや白の時もさわやかで美しいのですが、
枯れて茶色のボンボンに成なるのが、またいいなぁ。

ハマナスは、花のときより実のときや、
葉っぱが黄色く色づく頃の方が好きかも。

ブルーベリーは紅葉も楽しめます。

ゴマナの花も綿毛になってしまいました。
さぁ、どこへ飛んでいくのかしら。

オヤマボクチは、周りが枯れた頃の方が
存在感を見せる気がします。

ハウチワカエデは、お隣から飛んできて、
いつの間にかこんなに大きくなりました。

崩れたレンガ隠しのヤマブドウ。
みどりと赤の微妙な混ざり加減がいいなぁ。

シキンカラマツの実はカラカラになって、
パラパラと種を飛ばしています。
葉っぱはまっ黄色で、
これまた繊細でいいんです。

毎年、こうして自然に枯れてゆく植物たちから
人生を教わっているのですが、
なかなか彼らのように上手に枯れていけないです。
まだまだ修行が足りないなぁ。