2015年3月31日火曜日

わかっていたけどさ

今日で3月はおしまい。
2月が短かったので、3月が長く感じるような。
ああ、でももう4月です。
あっという間に過ぎているようですが、
確実に時間が過ぎてます。

グラノーラ作りは、だいぶ慣れてきたというか、
目分量になってきました。
今回は、ひいきのスーパーで買った
ココナッツチップスを入れてみました。
その他にオーツ麦に入れたのは、
できたて米糠、黒ゴマ、白ゴマ、
クルミ、玄米粉、全粒粉、干しぶどう。

そのお気に入りのスーパーのチラシを見ていたら、
裏に求人広告が載っていて、
私でも雇ってもらえるのだろうかと、
真剣に眺めました。

しかし、そりゃ年齢制限がありますよね。
年齢制限がないのは、1人とか2人とか雇わないし、
調理ができるたってねぇ、
有能な若い人がいっぱいいるだろうし…
世の中、そんなに甘くないですわ。

それにしても時給は、このくらいが相場なのかな。
田舎は都会ほど物価は高くないというけれど、
この間、西表島の非常勤の保育士さん募集の日給の
あまりの安さには、本当にびっくり。
賃金だけで判断したら、
若い人は都会で働くだろうなぁ。

国は田舎への移住を勧めていますが、
賃金の問題だけじゃないですが、
まだ都会への流れを止めるには、
ハードルが幾つもあるように思います。

2015年3月30日月曜日

有思不実行

さぁ、峰の原のスキー場もこの1週間で、
いよいよこの冬の営業が終わります。
昨日の予報の雨もほとんど降らず、
気温は高くなっていますが、
まだどのコースも雪があります。

ネットの割引券をコピーして持参されるとお安くなりますよ。
大人1日券ドリンク付き2800円
子ども1日券ドリンク付き1300円です。
春のスキーはポカポカと暖かく、
なんとなく気分ものんびりできます。
なごり雪をお楽しみください。

昨日は写真が多かったのですが、
今日は1枚だけ。
お彼岸で、お墓参りに行くこともない私は
「おはぎがたべたい!」と食い気ばかり。
「グッチは、おはぎ作ってくれてたけど」
と、グッチ教授を懐かしんでるのか、
おはぎが懐かしいのか、ぼそっと呟く望月。
そこで、雪かきのお礼にと、
ご近所さんがくださった秘蔵の冷凍あんこを解凍して、
おはぎを作ろうとお思ったのですが、
つまみ食いしているうちになくなってしまって・・・

ときどきご紹介している、
環境関係の団体、グループからのニューズレター。
どことも長い付き合いになりましたが、
みんな頑張ってるなぁ。
わたしも、もうちょっとちゃんとしなくちゃ!
なんとかしなくちゃ・・・
くちさきだけじゃぁねぇ。

2015年3月29日日曜日

姥捨山のサンセット

昨日、またもやテレマークスキー企画
高齢者モデルとして、
午後3時から、姥捨山、いや、根子岳に・・・

「どうってことないよ」
「(斜面)バリバリになんかならないよ」
なんて言葉を信じて(騙されて)登りました。


いざ、ゆけーよ、なーかまたーち、
めざすはあーのおかぁ♪

顔は日焼け対策として、イスラム教徒の女性か、
銀河鉄道999の車掌さんのように、
目だけを出して完全防備。

この辺りくらいが頂上だといいのになぁ・・・

だんだんとうつむき加減になり・・・

頂上に行く必要もないし、
雪上車の終点で、ばんざーい!

まるでストーンサークル、
いえ、スノーサークルのように見える
雪上車の回転場所のキャタピラの跡。

夕日に染まる
戸棚の奥から引っ張り出して持ってきた
けろけろけろっぴのカップを激写してます。
全くアートではない!

そういえば、根子岳が夕日に染まる写真を撮りたいと、
根子岳に登って行かれた根子岳マニアだったグッチ教授が、
なんどか真っ暗になるまで帰って来られず、
探しに行ったこともありました・・・

おーい、空の上のグッチ!
根子岳は、元気だよ。

なんか変だなぁって・・・

腰が引けてる・・・

お気づきですか?
なんで夕日なのにサングラスしてるのよ・・・
それでなくても足元あやしいのに。


ああ、沈む・・・

沈んだのは夕日だけでなく、私の体でした。
まさに撃沈。
誘われて山に行くと、
「ああ、なんで来ちゃったんだろ」
「ええっ、ここを帰りは滑るんだよね」
「行きはよいよい、帰りはこわいだわぁ」
と、毎回必ず思うのに、
また誘われると「まぁいいかぁ、行ってみようか」と、
凝りもせずに同じことの繰り返し。

「ええっ、なんでこんなところ通るのよ」
「これって、小学生が遊びで
通りたくなるような裏通りじゃん」
「なんで還暦も過ぎたお婆さんが、こんなところを、
しかもこんな時間に通らされるのよ」
と、さんざんワメキながらも、
なんとかスキー場まで戻ってきました。

ああ、姥捨山から無事帰還。
みなさん、私のような還暦過ぎたスキー初心者でも
上って滑れる姥捨山へ、是非どうぞ!


2015年3月28日土曜日

春休みな1日

今日もいいお天気の春らしい1日という予報ですが、
どうかな。

この時期お泊まりのお客さんは、
学校関係の方ばかり。
子どものいる友人達は実家に
帰っているというのも聞きますと、
やっぱり春休みなんだなぁって実感します。

このブログを見てくださる方の数も、
冬も夏もシーズン中は比較的一定なのですが、
3月も末になると数の変化が激しいです。
こんなところにも季節の変わり目を感じます。




元気な元小学生、
これから中学生になる女子たちが遊びに来てくれました。
子どもたちがいると空気の色も変わる気がします。

春休みの思い出作り。
運転手、ランチ作り、カメラマン・・・
引率のお母さんは、そりゃあ、たいへんです。
ああ、私にもそういう時期がありました。

春になって、消防設備の点検の方も来られました。
開業以来のお付き合いですが、
社長さんはさすがに山には上って来られなくなりましたが、
同じように腰の低い若手の社員さんが来て下さいます。
少しずつ、いろんなことは変わっています。

「今回が今シーズンは最後です」とおっしゃった
スキー大好きなお客さんをバス停までお送りした後、
菅平にあるやまぼうし自然学校さんに立ち寄りました。
いつもにこにことても控えめな代表の方が、
珍しく「これ、私達が作ったんですよ」と、
ちょっと誇らしげに、こんなものを見せて下さいました。
なんとメープルシロップ!
楓の樹液が取れるのは、2月頃から今頃までだそうです。
菅平の山のイタヤカエデの樹液だと
おっしゃっていたような・・・
市販のカナダのサトウカエデのメープルシロップの
ような強い香りはないのですが、
なんともやさしいお味でした。



2015年3月27日金曜日

お転婆さん

今日も朝から青空が広がっています。

昨日も家の中にいるのが
もったいないお天気でした。
お昼すぎに自転車で外にでると、
お散歩中のご近所さんたちに会いました。
自転車にのる時は、
サンセットテラスが第一目標。

家に戻るとクリスマスローズの葉っぱが
雪の中から出ていました。

お隣に行くと、なんと福寿草が咲いてました。

あれぇ、水仙の芽もでてる。
お隣は一足先に春が来てるようです。

なんだかそのまま家に入ってしまうのはもったいないので、
うふふ、今ならハシゴもなしで屋根に登れるので・・・

調子にのって、あっちこっちで足をぶらぶらさせてみたり

家の中を覗いたり、
お転婆と書くのは当て字だそうですが、
ここで、本当にお婆さんが転んだら大変だと思いながら、
ソロリと屋根から降りました。

2015年3月26日木曜日

せめぎあい

今朝は晴れ上がり、放射冷却のためか、
気温もぐんと下がりました。
こんな日は花粉も飛びやすくなるのかしら。
花粉症の薬のおかげで、
今年は鼻はとても楽なのですが、
どうも薬が効きすぎているのか、
口が乾いて長くおしゃべりができません。
静かで、ちょうどいいか・・・

雪解けで、こんな雪と水のせめぎあいを見つけました。
この境目が、なんとも味わい深いというか、
ここにドラマがあるような気がします。
考え過ぎかな。

昨日、御代田の病院に友人のお見舞いに行った帰りに、
なんとなく、そのまま山に戻る気になれず、
今ではとても有名になった丸山珈琲で一息ついてきました。
とってもクリーミーな柔らかい味の、
今月のおすすめカプチーノをいただきました。
カップの中でもミルクの泡とコーヒーのせめぎあいが
ドラマを作ってました。

そのコーヒーショップの大窓からは、
前掛山と浅間山がよく見えます。
春の山の色、紫色に冬の名残の白い雪。
ここでも季節がせめぎあい。
どれ、今年は浅間に登ってみようかなぁ。

こっちかな、あっちかな、こうかな、あれかななんて、
はっきりさせようと迷っている時が、
あんがい一番幸せな時かもね。

2015年3月25日水曜日

もう、オフなのかなぁ。

おはようございます。
「まだオフじゃないんだから」と叱られていますが、
すでに気分はだらだら・・・

毎日更新すると、写真がなくなる時があります。
そういう時は、カメラを持って、とりあえず外へ。
朝、6時台、外に出て空に
レンズを向けるとこんな感じ。
カメラといってもたいそうなものでなく、
ただシャッターを押すだけのものですけどね。

そして、7時半頃に、こたつでコーヒー
(望月がコーヒーに興味をもつようになってからは、
こだわりのコーヒーを分けてもらっていただいてます)
とパン、自家製グラノーラで軽く朝食。

日が差してきたので、
新聞を取り方々また外に出ました。

あれぇ、雪が溶けて出てきた外灯は傾いています。
ああ、こんどこそ、支柱を建て替えよう。

何か卵でも抱えた昆虫のようにも見えますが、
これはハマナスの実です。

菅平の友人に「峰の原って、すごいですね。
こんなにまだ雪があるなんて信じられない」と驚かれました。
峰の原の中でも、うちだけ雪が多いように感じるのは、
完全なヒガミでしょうねぇ・・・
天邪鬼な私は、雪が溶け始めると、
もうちょっと冬眠していたいと思い始めます。

2015年3月24日火曜日

ブームに乗ろうか・・・

やっぱり、今年の春は北陸でしょうか。
クレジット会社の季刊誌の表紙も、これでした。
このブームが少し落ち着いたら、
富山に会いたい方がおられるので、
行ってみたいなぁ。
五箇山もいいなぁ。
ああ、金沢も行ったことないなぁ・・・

新幹線でスキーにいらっしゃる方も、
今までよりも混んでいるとおっしゃってました。
そして、4月になると善光寺は御開帳で、
善光寺界隈のお店の方々の
気合も増してきたそうです。
いやはや、しばらくは近づかないでおきましょう。

春といえば、
こんな春らしい色の和三盆の干菓子をいただきました。
ここの花の季節はもう少し先ですが、
気分は春です。

春だなぁって油断していると、
今朝はまた、粉砂糖をかけたような雪景色。
山の春は、お預けのようです。

2015年3月23日月曜日

今年もまた

土曜、日曜と、
テレマークのイベントに参加してくださった皆さん、
ありがとうございました。

最後はイベントというよりは、
本当に小さなお楽しみになりましたが、
お天気にも恵まれ、
のんびりと春の幕開けを楽しんで
いただけたのではないでしょうか。

スキー場も今年は4月5日まで営業しております。
3月28日にはお餅つきもありますし、
まだ、もうちょっと滑りたりないかた、
春スキーを楽しみにいらしてください。


さて、これはホコリでも蜘蛛の巣でもなさそうな・・・
いきなりピンボケ写真ですみません。

毎年ここにできるんですが、
多分、カゲロウの卵だと思い調べてみましたが、
ウスバカゲロウなのか、クサカゲロウなのか、
はたまた、なんとかカゲロウなのか、
いいえ、ホコリかも知れない・・・

そこでネットでウスバカゲロウを調べてみました。
くくく、さすが北杜夫さん「薄馬鹿下郎」だってさ。
これがアリジゴクになるのね。
私のことを、何をするにも人を引きずり込んで離さない
アリジゴクという方もありますが・・・

これなのかなぁ、
こっちじゃないのかなぁ、クサカゲロウ

カゲロウといえども、こんなに種類があるなんて、
もうまた虫の季節がやってきたのね。

そしてうちの窓の寒暖計も0度を指すようになり・・・

そろそろ、この冬の飾りも片付けなくちゃね。

歳を取ってくると、どうしても
新しいことを見たり聞いたり、
するチャンスが減ってきます。
毎年同じパターンの中で、
小さな変化を見つけるくらいがやっとかな。

2015年3月22日日曜日

なつかしい春の色

昨日今日、春休みらしいというか、
和やかな空気を感じます。

上田の母の家の庭の片隅に、
クロッカスやプリムラが咲いていました。
ここよりひと月ほど早いかな。
うちの庭の雪が消えるのは、
4月の中頃過ぎそうな・・・

何のために母の家に行ったかというと、
テレマークスキースクールの常連さんたちから、
「ハックルベリの和風カレーを食べたい」と、
リクエストがあったからなのです。
きのこと豚肉、人参の入った、生姜の効いた
市販のカレールーを使ったカレーです。
市販のルーなど使わない、
スパイシーな本格的なカレーもおいしいけれど、
日本の国民食的なカレーも、
ほっとするというか、
誰が作ってもまずくならないというか、
大したもんだなぁと思います。

りんごは秋と冬の味、みかんは冬と春の味。
そして、こちらも久しぶりに作った、
我が家では通称「オレンジチキン」。
元は鴨料理だったのですが、
鶏もも肉で作りました。
もしかすると何十年ぶりだったかも。
以前は、エコ意識もなく、
輸入食材、消毒などにも無関心で、
外国産のきれいなオレンジを使っていましたが、
今回は、見た目は悪いけど、
皮を入れるのならと国産の無農薬の
清見オレンジを使いました。
久しぶりに作ったので不安でしたが、
「みかんの皮も入っているんですねぇ。
おいしかったです」と、言っていただいて、
ホッとしました。

春になって、食卓にも、
こういう明るい色が似合うようになりました。