2015年1月31日土曜日

人力除雪機

昨日は東京でも雪が降ったようですが、
ここはそれほど降りませんでした。

昨日、夕方から買い物におりて戻ってきたら、
なんとなく除雪したほうがいいかもという感じだったので、
今朝は時間が無いということになり…
通りがかりの人が見たら、
びっくりするだろうなぁ。
もう、常軌を逸してるというか、
手袋もせず、
スカート姿にヘッドランプ・・・
笑える姿ですね。

だって、着替えるの面倒だし・・・
我ながらほんと、雑というか、
めんどくさがり屋だと思います。

そんな、すごくガサツな私ですが、
朝焼けを見れば、きれいだなぁって思うし

道路の雪解け水を見て、
「犬の顔に見える」と、喜んだり

根子岳を見たら、
元気をもらって、感謝したりもするのです。

2015年1月30日金曜日

ボチボチでんなぁ

また南岸低気圧が来るそうです。
週末は雪かきかしら。

シーズン中なんだから、
当たり前といえば当たり前なんですが、
いつもの年ならこの時期はガラッと暇なんですが、
ポツリ、ポツリとお客様がいらしてくださいます。
営業努力をしたわけでもないし
「どうして、お客さんが来てくださるんだろう」と、
考えるなんて変ですかねぇ・・・

おでんの翌日は、連泊のお客さんがいらしたので、
お箸で食べる洋食風にしてみました。
これは私が気に入っているセロリとリンゴのサラダ。
シャリシャリ感がいいんだなぁ。

こちらはじゃがいもとタラのグラタン。
料理研究家の松田美智子さんレシピです。
北欧の定番
「ヤンソンさんの誘惑」よりは手が込んでます。
望月はノルウェーで友人達に、
これを作ったこともあります。
白く見える塊はサワークリームです。
冬になると食べたくなる料理です。

そして、お箸で食べる洋食ですから、
もちろんお味噌汁付きです。
写真を撮り忘れましたが、
もう一品は大根と塩豚のトマト煮でした。
大根とトマト、おいしい取り合わせですよ。
お試しあれ!

私はお酒を飲まないのですが、
お客様用に志賀高原ビールを揃えています。
志賀高原ビールとのご縁は、
ノルウェー大使館でした。
もう何年か前に、志賀高原ビール(玉村本店)に、
ノルウェーから醸造家が来られ
ノルウェービールを作ったということを聞いて、
問い合わせたのが、ご縁の始まりでした。
今は、クラフトビールとかいわれてブームなのかな。
ここはビールのホップや日本酒の酒米にも
こだわっておられますし、
ブログの写真はかっこいいし、
ビールのラベルのデザインも、
私は気に入ってます。
スノーモンキーで有名な渋温泉のすぐ近くです。
以前は試飲や酒蔵美術館の見学も
させていただけたけど今はどうかなぁ・・・
ぜひ、みなさんもお立ち寄りください。
もうチケット完売かもですが、
こんなイベントもありますよ。


2015年1月29日木曜日

台湾の高校生Ⅱ

今朝はよく冷え込んでいます。
朝7時の玄関の寒暖計はマイナス14度。
まだまだ大丈夫!

台湾の高校生がこんなものを残していってくれました。
夕飯を食べていた時に、
スマートフォン(全員スマートフォン持ってます。
今や高校生は皆持ってる時代なのかな)をピンクのカバーの
小さな箱型の機械につなげて、あれこれ説明してくれました。
そして、できたのがこの写真。
小さな箱はプリンターだったのね。

「私は日本の名前を持ってます。
西島友理といいます」とCAIさんは、
西島隆弘という日本の歌手のファンでした。
「西野カナ、大好き、すごくいい歌」という陳さんもいて、
「だれだ、それ」ということになり、
食卓の上で私も負けじとipadをとりだし
(ただし、操作は危うい)
検索してユーチューブで映像を見て
「うん、しってる、この子ね、かわいいのよね」となり、
「こんな曲なのね、あなた達が好きなのわかる、わかる」
などと言いながら音楽を聞きました。

そして「台中はどこ」と、
最初は地図を持ちだしましたが、
「いまはこっちでしょう」とグーグルマップの
ストリートビューで、
「これが、あなた達の学校なの、大きい!」
なーんて、すごい時代だぁ。

帰り際に台湾に絵葉書に日本語で、
こんなメッセージを
書いて渡してくれました。
あれ、ちがうよね。
でも、これでいいのよ。
日本語で書こうとするその気持、
間違いなんて気にすることはない!

これを渡してくれた子は、
経済学を勉強して、外国語は3カ国語ぐらい
話せるようになりたいと話してくれました。
おお、頑張れ!
こういう素直な勢い、いいよねぇ。

言葉もわからず、初めて海外旅行した時の
あの新鮮な気持ちを思い出しました。

こちらはおまけ
彼女たちにおでんを作った時、
皮や面取りをした切れっ端ができたので、
それを全部まとめて、キンピラにしました。
基本、うちは、捨てるものを減らす、
捨てない、捨てたくない主義。

あの日、どうしようかこれも使おうかと迷ったあげく、
諦めて捨てた玉葱の皮。
無農薬なら、これもダシを取るのにいいんだけどね。

さて、ぼちぼち、今日のお客様の朝食の時間です。

2015年1月28日水曜日

台湾の高校生

昨夜、台湾の高校の女子生徒4人、
ホームステイで受け入れました。
今までも韓国、中国、インドネシアなどの
大学生たちや北欧やフランスの若者を
受け入れたことがありましたが、
台湾の、しかも高校生は初めてでした。
台湾は、日本に対して友好的だと聞いていましたが、
どんな子たちだろうかと、
ワクワク、ドキドキしていました。

1週間の滞在で、ホームステイは、
この1日だけだというので、
さてなにを食べてもらえばいいのかと迷ったのですが、
旅館やホテルで出そうにないものと考えて。
おでんにしてみました。

ところが、おでんは台湾にもあると言われちゃった。
でも、好き嫌いなく、何でも食べてくれました。
ありがとう、うれしいよ。

到着が遅れて夕方になりました。
もじもじとしながらもお行儀よく、
習っているという日本語と中国語と英語で、
一生懸命、おみやげの説明をしてくれました。
オバアサンも頑張って、
中国語読みを習っているのですが・・・
漢字なので何となく分かるんだけど、
聞いてもすぐに忘れる・・・

しかし、関係ないけど、
この写真、この私、この姿勢、母そっくり。
60歳はしっかりオバアサンだなぁ。
ちなみに彼女たちはセブンティーン!
私にもセブンティーンだった時があったなんて
信じられませんねぇ。

すごいでしょ、このおみやげ。
いま、ブログを書きながら、
「九個太陽」というお菓子を頂いてます、謝謝ね!

そして、今朝、須坂の集合場所までお見送りに行ってきました。
泣いてしまう子もいて、かわいいねぇ。

帰り道、彼女たちを思い出しながら、
最近アジアの観光客が厚かましいだの
マナーが悪いだの聞くこともあるのですが、
それはね、つくづくとオジサンオバサンの団体だから
だろうと思いました。
それは国に関係なく万国共通でしょう。
私は自分がオバサン、オバアサンだから
肩を持つわけではないのですが、
人生いろいろ荒波くぐり抜けてきた人が束になったら、
そりゃねぇ、多少はだれでも厚かましくもなりますわ。
それに比べれば若い子たちは、
どこもやっぱりまだまだ初々しい。

そうなんです、いろんな国に行ったり、
いろんな国の人と話すたびに思うのですが、
もちろん国民性もあるでしょうが、
人はやはりそれぞれなんです。
イスラム圏の人も同じです・・・

いい思い出を置いていってくれた皆、
ありがとう!

他にも、彼女たちと話したことや
写真もあるのですが、
また機会があれば、ご紹介したいと思います。


2015年1月27日火曜日

春の予感

昨日は、ポカポカでした。
今日からまた冬に戻るようですが、
峰の原でも、あちこちで小さな春が見うけられました。

ジャムが不足してきたので、
小口切りにして冷凍しておいたルバーブで
ジャムを作ることにしました。
うーん、色が悪くなっているのは残念。

きび砂糖で作るときもあるのですが、
今回は、てんさい糖のグラニュー糖。
てんさい糖というのは北海道のビートから作られたもので、
てんさい糖をグラニュー糖に精製するのは、
栄養分が抜け、ちょっと勿体無いけど、
我が家では、朝食のコーヒー、紅茶に、
このお砂糖を使っていただいています。
サトウキビより、
さっぱりとした柔らかな甘味です。

ジャムは生で作るより、ちょっと黒っぽくなりましたが、
冷凍で水分が抜けた分だけ、ねっとりとした仕上がりになりました。

昨日のお昼は、キムチ鍋のだし汁を、
あんかけ風にしてみました。
うーん、おいしい。
キムチ鍋のだしは、煮干しで取ってます。

雪が溶けたところに白樺の種や緑の芽がでていました。
雪の下には春が待ってます。

道路の雪も溶け、まるで3月のよう。
まさか、このまま春にはならないでしょうけれどね。
油断してると風邪を引きそう。

2015年1月26日月曜日

お休みの日は

なんとなく暖かいなぁと感じる曇りがちな朝です。
とはいえ、玄関の寒暖計はマイナス4度。
体が寒さに慣れきって、
マイナスくらいじゃ驚かない。

写真がいっぱいたまって、
1日2回アップしようかと思う日もあれば、
今日のように、なにもない日もあります。
でも文章だけでは、つまらないと思い、
お客様のない日の我が家の食堂で写真を撮りました。
ごめんなさい。

新聞の1面トップには気持ちが落ち込む写真。
予約台帳を眺め、明日のお客さんのチェックなどし、
お便りを書いたり、メールをチェックしたり、
電話で、業者さんに電話をしたり、
洗濯したりなど、雑用はたまります。
私のように大雑把な性格だと、
休みの日に気を許すと、ろくなことがないのよねぇ。

ケチ根性で、ファンヒーターも
ただ温めるだけではもったいないと、
洗濯物を乾かしてます。
どこまでも、ケチというか、
優しい言い方すると、
つつましく暮らしております。

さて、今日は、ひと月ぶりに病院です。
ほっぺたのシミを抜いていたんですが、
さて、さて、どうなってるかなぁ。
今さら1つ2つのシミを抜いても、
無駄な気もするが・・・

2015年1月25日日曜日

苦あれば楽あり

今日は穏やかなお天気となりました。
山へゲレンデへと、
元気な中高年の皆さんが、
お出かけになりました。

雪かきをしてると、すぐにポッポポッポと
頭のてっぺんまで熱くなり、
雪が降っていようと、
ついフードも帽子もとってしまうのですが、
結果こういう感じになってしまいます。

ドカーンという音がして外に飛び出すと、
どうにもつららが気になっていたこの方が、
下を向いてニヤニヤ

氷の塊は落ちましたが・・・

この写真よーくご覧いただくと、
お気づきのかたもおられるでしょうが、
見事にハシゴが逆方向に折れ曲がってます。
あーあ、またやってくれました。
昔から、壊すの得意な方です。
人間を壊さなくてよかった・・・

まぁ、雪かきでめげる日もあるんですが、
こんなお天気のいい日もあって、

なんと、うちの玄関からスキーを履いて、
楽しそうに出かけて行きました。

冬の暮らしは、しんどいこともありますが、
たのしいことも、ちゃーんとあります。

2015年1月24日土曜日

とりあえず作ってみる

今日は快晴。
いい週末になりそうです。

上田と東御のくるみをいただきました。
東信(上田から軽井沢くらいまでかな)地区は、
くるみの栽培が盛んな地域です。

輸入のむきぐるみより、高いかなぁ。
殻が薄くて、実はしっかりと入ってます。

クルミの木が庭にあると、
なんとなくメルヘンな気持ちになれそう。

お正月に、おせち料理をさし上げたご近所さんから、
「おばあちゃんのごまめ、おいしい」と、リクエストがあり、
おばあちゃんは、またごまめを作ってくれました。
パリパリと香ばしくて、
やめられなくなります、つまみ食い。

さ、私は何を作ろうかな。

ウオッカに漬け込んだバニラ棒もいい色合いになりました。
バニラエクストラクトといいます。

何を作ったかというと、コンデンスミルク。
牛乳と砂糖を煮詰めればいいだけなんです。
きび砂糖を使ったのでベージュ色ですけど、
白いお砂糖でつくれば、
売っているようなクリーム色になると思います。
コンデンスミルクは、ミルクのジャムみたいなものね。

いちごに、たっぷりコンデンスミルク、うふふふふ。
考えてみると、売っているものも、
元々は人が作ったもの。
作れないものはないというか、
作れないようなものは、
食べてはいけないのものなのかも。


2015年1月23日金曜日

なんだろね

おはようございます。
わぁ、まだ雪が降ってます。


皆さんは、町中などで、
「あれはいったなんだろう」なんて
気になることがありませんか。
私はキョロキョロしているからか、
あれこれ気になるものがあるのです。

これなんて、もう1年ほど前から気になっていました。
上田方面に降りる川沿いの道路際にこんなものがあって
車で通り過ぎるたびに、
一体なんなんだろうと・・・


とうとう我慢できなくなって、
100メートルほど行き過ぎてから戻り、
車を駐めて、歩いて確かめに行きました。
この硬さ、この大きさ、卵です。
恐竜ではあるまい・・・
うーん、どう見てもダチョウの卵です。
ものが何かはわかりましたが、
一体何のために、誰が、こんなところに・・・
人間の仕業ですよねぇ・・・

人って、ときどき意味のないことするんですよねぇ。

不思議な気持ちで我が家に戻ってきたら、
駐車場にはこんなものが・・・
案外、不思議な人は身近にいるのかも・・・

2015年1月22日木曜日

◯孝行

昨日は私の休日
さて、ぽっかり空いた1日、何をしようかと・・・

真田の運動公園
グランドは雪に覆われていましたが、
周遊道路をウォーキングする人たちの姿が目立ちました。

私は、こちら。
真田の温泉には25メートルの温水プールがあるのです。
30分ほど1キロちょい泳ぎました。
長い距離を泳げるようになったのは、
子どもたちをプールに連れて行くうちに、
自分も泳げるだろうかと、
30歳過ぎてスイミングスクールで習ってからです。
今は1年に数回しか泳ぎませんが、
泳ぐ前はめんどくさい気分ですが、
泳ぎ終わった時は体が軽くなり、とっても爽快!

ウォーキングもですが、プールも元気な高齢者がいっぱい。
田舎暮らしは、元気な高齢者にはいいですよ。

気分スッキリしてから、親孝行気分で
上田の両親のところへご機嫌伺いに行きました。
この台所、綺麗に磨き上げられていますが、
ごちゃごちゃした生活感が、
まさに昭和の庶民の台所という雰囲気。

そして、「しばらく外で食事してない」という都会派の
(私だって外食なんかしてないよ)二人と
お目当ての湯楽里館がお休みだったので、
近所のファミレスのようなお店に出かけました。
いつも感心するのですが、
ほんのそこまででも、
二人はちゃんと髭を剃り、顔を洗い、
髪をとかし、洋服も着替えるのです。
そういえば、外界に暮らしていた時は、
出かける時はちゃんと着替えていたなぁ、私だって。
父には、「お前も、もうちょっとなんとかせい」と、
言われるんですけどねぇ・・・


80代の超後期高齢者夫婦ですが、
「そば」とか「うどん」などではなく、
たくさんは食べないのですが、
「パスタ」「ピッツア」「ドリア」なんてものが、お好み。
いやはや、これまた大したものです。

そして、ランチをごちそうしてくれた上に、
スーパーで買い物したら、
おみやげにと、こんなものまで持たせてくれました。
まったく、娘孝行な親です。
申し訳ない。


2015年1月21日水曜日

大事な教科書

今朝もどんより曇り空。
だんだんもっと雲行きが怪しくなるそうです。
今年はまだスキーをしていませんが、
今日もパスかなぁ・・・
出不足、運動不足になりそうだから、
買い物方々プールにでも行こうかしら。

外にもいかず、何をしてるかというと
昨日は、日がな1日こんな本を眺めていました。
ページを繰るたびに、ページがバラバラと外れる代物。

この本のシリーズ、すごく役に立ちました。
これはお菓子だけですが、料理のシリーズもあり、
本当に重宝してました。


もう絶版になり、手にはいらないと思うのですが、
こんなに情報が簡単に、
しかも豊富に手に入る時代になりましたが、
このシリーズは、いま見ても遜色ないです。

この本のおかげで、レシピだけでなく、
その料理の歴史や国の特色、
プロの作り方、仕事への熱意などなど、
カラーで読みやすい上に、知りたいこと、
知りたいこと以上のことが載っていました。
こういう本、少なくなった気がします、残念。

もしかして、人間同じか・・・

本を見ていたら、つくりたくなってきて、

タルトタタンに詰め込むりんごを煮たら、
詰め込む前に「おいしい」と、なくなっていってました。
おいしいよねぇ。
そろそろリンゴが古くなってくる季節、
こういう風に使うのはいかがかしら。
ちょっとカロリーが、高めですが・・・