2014年9月30日火曜日

快晴

昨日は朝から雲一つない快晴でした。

まぶしい。
朝日は根子岳の方向から。

見晴台の周辺の木々も少しずつ色づいてきています。

ウルシがきれい。

小さな小さなホタルブクロも、頑張っています。

ミズナラのドングリもコロコロと。

このスプーン、スプーン曲げで曲がったのではありません。
この2本どちらも外国で買ったのですが、
わが家では蜂蜜、マヨネーズ、ケチャップなど、
便利に使っています。

手前のプラスチック容器に入っているのは、
ネパールのオーガニックコーヒー園で
分けていただいたコーヒー蜂蜜です。
柑橘類のようなさわやかな味です。
同じものをこちらでも販売していますので、
ぜひどうぞ!

久しぶりにペンション村記念館に立ち寄りました。
ここも、すっかり秋でした。

2014年9月29日月曜日

9月最後の日曜日

気がつけば、もう9月最後の日曜日でした。

昨日のお客様の朝食はこんな感じ。
季節と私の気分で変わります。
これも少ないお客様だからできることかな。

お客さんと望月が外で自転車を触っていたので、
私は庭のチェック。
これ、リンドウの盆栽仕立てではありません。
わが家にはリンドウは向いてないようです。

チコリの花は、透明感がありますねぇ。

お昼すぎにはこんなところにいました。


着物のリフォームの展示会でした。
素晴らしい着物ですねぇ。
着物、着なくなりましたが、
来月は40年ぶりくらいに着物を着る予定。
似合わないだろうなぁ。

そして午後は、友人の個展、
「ふつうの中のとくべつ 戸田澄江人形展」
を見た後に、
こんなところを自転車で一周りしました。

また新しい世界を開いたかなと思える彼女の作品、
ぜひご覧ください。

その後、こういうところで、
午後のお茶を楽しみました。

そして夜。
NHKの老人漂流社会を見てしまいました。
どうしよう…

2014年9月28日日曜日

今年も稲刈り終了

昨日、今年の稲刈り無事終了。

駐車場の車が少ないなぁと思いながら、
田んぼに行くと、
案山子も減った気がしました・・・
作り手の高齢化かしらねぇ。
手前は「アナと雪の女王」です。
人気なんですね。

まさに稲刈り日和でした。


横の個人の田んぼでは機械刈りしてました。
この機械があるから、お年寄りでも、
お米作れるようになったんだろうなぁ。
TPPで外国から安いお米が
もっと入ってくるようになったら、
ますます田んぼをやる人が減るような気がします…

お昼の田んぼ。
少しははかどったかなぁ。

ノブドウだと思っていたんですが、
この時期にこの青さとなると、違うのかなぁ。
ノブドウの実が色づくと本当にきれいですよねぇ。

2014年9月27日土曜日

暇なようで暇でもなく

「ペンションって、お客さんがないときは何してるの」
などとお尋ねを受ける時があります。
もちろん様々だと思うのですが、
基本専業主婦、あるいは定年退職後の暮らし、
一昔前なら、フリーターとでもいうような感じかな。
ただし、金銭的な安心感はありません。

街場のことはわからないのですが、
地方都市では、こういう施設もガラガラで

ワンコインでプールで泳いで、
ジムで筋トレして温泉に入れます。

ときどき、あちこちにある直売所をひやかして、
いかにも自宅の庭にあったというような
100円のいちじくで、シロップ煮を作ったり。
(皮を剥いて作ると上品な仕上がりですが、
私は、鮭も皮が好きだし、パンも耳が好きだし、
果物も皮が好きなんです)。

いちじくは好きというより、
ノスタルジーで買ってしまいます。
こどもの頃住んでいた六甲の近所の家々の
猫の額のような庭には、
いちじくやヤツデの気が植えてあったような記憶があるんです。
昭和の庭木としては人気だったのかな。
そうそう、宝塚の住宅地にはザクロとか
アオキなんて木も植わっていたような。

庭のナナカマドを掃除しながらぼんやり眺めたり。

「おお、ここにもマイマイガのタマゴだ」なんて観察をしたり。
(今年は、この辺り、下界も含めてマイマイガの
異常発生がありました)。

田舎暮らし、別荘ライフとか移住とか、
今、地方は人口減少をなんとか食い止めようと
いろいろなプロモーションをしています。
どこに住んでも、
慣れる(馴染む)までには時間がかかります。
まして年をとれば尚更です。
どんなところも住めば都。

田舎もいいよ!

2014年9月26日金曜日

テーブルの上で考える

昨日の朝のことでした。
窓辺の置物を刷毛でホコリを払って、
雑巾で拭いていて気がつきました。

この木彫の象の鼻は、
いつの間に折れていたんだろう・・・
まるで太古の象みたい(見たことないけど)。
これをプレゼントしてくれたアメリカ人の植物学者の彼女、
元気かなぁ・・・

このフランスみやげの小さな薔薇の飾りを見ていたら、
星の王子さまとキツネの会話を思い出しました。
星の王子さまは、本当にすごい本です。
***
そして王子さまはきつねのもとに戻りました。
「さよなら」王子さまは言いました…
「さよなら」きつねも言いました。
「秘密を教えるね。とても簡単なこと。
心でないと、よく見えない、ということだよ。
一番大切なことは、目には見えない」
「一番大切なことは、見には見えない」
しっかり憶えておくために星の王子さまは繰り返しました。
「きみのバラが、こんなにかけがえのないものになったのは、
きみがバラのために一所懸命使った時間があるからなんだよ」
「僕がバラのために一所懸命使った時間…」
しっかり憶えておくために。
王子さまは言いました。
「人間たちは、この真実を忘れてしまった」
きつねは言いました。
「でも、きみは忘れてはいけないよ。
きみはきみの飼いならしたものに、
いつまでも責任があるんだ。
きみのバラを、最後までめんどうみるのだよ」
「ぼくのバラを、最後までめんどうみる…」
星の王子さまは繰り返しました。しっかり憶えておくために。


2014年9月25日木曜日

雨の日はスロー

前々から雨の日は落ち着くと言っていますが、
外のことが気にならないし、
何より私が太陽光発電で動く自然エネルギー型人間なようで、
曇り空では動きが鈍くなります。

一昨日、家の中は掃除をしたしと、
ぼんやりと窓から外を眺めていて
「ああ、そうだ、窓際の掃除をしばらくしてないなぁ」
「窓ガラスも拭いたほうがいいなぁ」
なんてことを思ってしまって・・・

けっきょく、こんなことに。
台風崩れの低気圧も来てるし、
窓ガラスなんて、すぐにまた汚れるものなんだけど、
きれいになると、やっぱり気分スッキリ、気持ちいい!

気分スッキリするもう一つの簡単な方法は、入浴。
それが温泉ならなおさら、スッキリ。
ということで、久しぶりに湯っ蔵んどに行ってみました。

飼育箱の中というのは、
ちょっと趣にかけますが、
平日のガランとした温泉に、
リンリンリンと鈴虫の音色が響いていました。
むむ、おなじみの鈴虫って、どういう生き物なんだろう・・・

2014年9月24日水曜日

花も虫も、寂しくなってきましたが

今朝、信州の食卓の献立も
localbenchのfacebookから転記しましたので、御覧ください。


自転車も再開した望月ですが、
まだ無理はできず、
あいかわらずカメラを持っての散歩が日課です。
イチモンジセセリは、
目玉クリクリ、ほんとうに可愛い顔つきです。

減ってきた花の蜜をみんなでわけあってます。
スジグロシロチョウ

あいかわらず私は自己満足の世界に浸りきってます。
誰もここの草を刈ったことなんか
気づかないだろうなぁと思いつつも、
自分が気になるからやってます。

草刈りしててもやっぱり小さな花が気になります。
これはコゴメギク。
前にも写真を載せましたが、
今回はじっくり観察。
この辺りにはコゴメギクが多く、
ハキダメギクは少ないような気がしますが・・・

知っているようで知らない、
知らないようで知ってる雑草たち。
ハルノノゲシっていうの、
どこかで聞いたことあるでしょ。
車で通り過ぎるだけならただの雑草、
でもね、こうしてじっくり見ると愛おしい。

結婚式の引出物のケーキで、午後のお茶。
外が気持ちいい季節。

夜は、残りものでカレー。
あるものを手当たり次第に放り込むだけなんですが、
なぜか美味しい。
夕べは、ひよこ豆、オクラ、ナス、玉ねぎ、豚ひき肉、
直売所で刈った珍しいトマト、サンマのワタ・・・

信州の食卓−秋ー  献立

localbench
信州の食卓 秋



10月12日(日)  ランチ     ディナー(宿泊可)
    13日(祝)  ランチ(11時半~のご予約のみとなります)

お料理  ¥2500(税込み)

前菜・・・5種盛り合わせ
      *下仁田ネギのキッシュ *秋野菜のマリネ :きのこのフリット
      *きんぴらごぼうのサラダ *自家製無添加ボンレスハム

主菜・・・スープ2種よりお選びいただきます

     *もつのガルビュール 
     スペインバスク地方の伝統料理。豆や様々な野菜と塩漬け豚肉の
     具沢山スープ。もつのゼラチン質が溶け出してひんやりと秋風時
     に温まるスープです。

     *栗とパンチェッタのミネストローネ

     パンチェッタの旨みが溶け出たスープで炊いた栗はほっくりと甘く
     秋を感じるスープです

デザート・・・栗とりんごを使ったスイーツ

パン

珈琲又は紅茶

事前予約のみとさせていただきます
ご予約はローカルベンチ  0268-62-5226

12日(土)のご宿泊のご予約はペンションふくながへ
0268-74-2729

お1人さま1室ご利用(朝食 暖房費込み)  6500円
お2人さま以上1室ご利用(朝食 暖房費込み)  5500円

2014年9月23日火曜日

しみじみ秋ですね

今日は秋分の日。
毎年お彼岸には、グッチ教授が
手作りのおはぎを持ってきてくださっていましたねぇ・・・

秋になって、自転車好きの望月の
待ちかねていた自転車番組がまた始まりました。
自転車に乗る俳優の火野正平さんは
「人生下り坂サイコー」とごきげんに叫びながら
坂道を下りていきます。
私も間違いなく下り坂仲間です。
そして、下り坂サイコーです!

この間干しておいたキュウリ、
どうしようかなと迷ったので、干したあとは小さくして冷凍庫へ。
さて、いつ何につかおうか、しわしわキュウリ。

ずっと、うちにあるココア入れの缶。
どうってことない缶なんですけどね。
ココアという飲み物、
こどもの頃、私には特別な飲み物でした。

缶の裏を見たら20年以上も前のものでした。
年をとると、物が捨てられなくなるっていいますが、
分かります、その気持。
自分と一緒に暮らしてきた仲間だものねぇ。

昨日、望月がこんな写真を撮ってきました。
わざわざ車が来ると飛び出そうとするらしく、
ヒヤヒヤしながら見ていたそうです。

オスが1羽、メスが5羽も。
多分、みんな、今年生まれた子どもたちばかりのよう。
この子たち、これから冬を迎えるのねぇ。

今朝、用事があってペンション村を歩いたら、
山がくっきり見えていました。
中央右寄りの奥の方に槍ヶ岳見えてます。

ほら、鹿島槍も。
これから山がよく見える季節です、やっほー!

峰の原には大自然というようなものはあまり見当たりません。
でも、遠くに雄大な山々を眺めるとき、
遠い夢をみるような、おだやかで幸せな気持ちになれます。

足元にはキノコ。
きのこ好きはじっとしていられない季節がやって来ました。

2014年9月22日月曜日

気になる

前々から、薄々気づいてたんですが、
どうも私は雑草、雑木と言われるようなものが気になるのです。

車に乗りながら山を見てるの、
「あれは、なんの木だろう」と目がきょときょとするし、
こんな庭の草を見ても気になるのです。
ミゾソバとは明らかに違うし、
こんな雑草、だれでも知ってそうだし・・・

どれどれと、茎を触ってみたり・・・
図鑑で調べてもわからないと、
どうにも気持ち悪くなってしまい、
専門家の友人に写真を送って
「タニソバです」と返事をもらって、やっとスッキリ!

ウンウン、これも駐車場の常連さんです。

これはわかるんだよねぇ、
だって名前が個性的だもの。
アキノウナギツカミ

ヤブマメ、エノコログサ、キンエノコロ、
ヤエムグラ、アカソ…
雑草図鑑ほしい!
こどもの頃から道端の草で遊んでいたからか、
雑草人間だから、雑草、雑木が気になるのかな。