2014年8月31日日曜日

おぢさんか・・・

今朝も12度です。
もう、このペースなのかしら。
昨日、ブログに夏終了なんて
のんきなことを書いたら、
そうは問屋が卸さないよと、いうことか、
今日のご予約をいただきました。
「うーん、もう頭はおやすみモードだったのに」
「台所の床も洗いたかったのにぃ」などと、
一瞬迷いましたが、
ご予約を頂いたお客様は、
ペンションを開業した時の第一号の方々の中の一組の方で、
もう30年、いえ、もっとお目にかかっていない方だったので、
「まだ八月、せっかく来てくださるっていっていただけてるのに、
お断りしちゃいけないよ」と、
背筋をしゃんと伸ばしました。
さ、まだ夏は終わりじゃないぞ!

私達には見慣れた景色ですが、
下界の方は、喜んできださいます。
峰の原ではなく霧の原。

パソコンだって、その機能を使いこなせていないし、
青息吐息で、フーフー言って、
いいえ、何もわからず闇雲にやっているだけなのに・・・

ひぇ~、こんなものまで買ってしまいました。
虫といい、機械ものといい、
どうも、おぢさん入ってきてる・・・
ま、いいよね、おぢさんとおばさんミックスは、
ある意味、最強ですから。


2014年8月30日土曜日

この夏も、ありがとうございました。

すみません、あれこれと新兵器を試していて、
どうでもいいようなグダグダブログが、
ますますくだらなくなってます。
これはいつものパソコンからです。

今朝チェックアウトなさった方々で、
八月のお客様は終わりました。
あとは9月3日に1月のご滞在を終えられる方で、
この夏も無事に終了です。
こんなふうに書くと
「営業してるんだから変だよ」と叱られますが、
とりあえず、夏は一区切りということで、
皆様、ありがとうございました。
皆さんの夏はいかがでしたでしょうか。

今日お帰りになられたお客様の
お帰りなられる時の一言をご紹介します。
「ほんまは虫だけをやっていたいんですけどねぇ」
と、靴紐を結んでおられた私と同い年の男性。
この夏は虫についての発見も多かったのですが、
最後のお客さんが虫屋さんで、
日本の昆虫の研究は、研究者という方以外に
こういういわゆるマニアな人たちが
支えているのだろうなぁと感じました。
コスタリカでは、一生懸命
素人の分類学者というような人を育てていますが、
日本じゃ、すでにそういう人たちが存在しているのですね。
あとはそういうマニアがいかにもっと
連携していくかってことかな。
でも、マニアって、なかなか連れもたないですよねぇ・・・
独立独歩がマニアの真骨頂かな。

そしてもう一組の方は実業団のラグビーOB。
「いやぁ、癒やされました。
自分の音しかしないって、すごいです。
音楽でもつけてみようかと思ったけど、
必要ないですねぇ。
テレビも、見なくてもいい気になりました。
ま、連続ドラマは気になるけど」と、
いたく感動してくださいました。
そうですね、長く住んでいるわたしも同じ気持です。
ここにいると、何もなくても幸せになれるかも。

なんとなく峰の原来られて、
なんとなく喜んでいただけるのがいいなぁ。

さて、秋はまた何があるかしら。
ふらりと、いらしてくださね。



この夏

padに慣れるには、まだまだで、無口になります…

昨日、二郎たちが働く畑の記事が新聞にありました。
ラガー達にも農家にも良かったようです。
夏の菅平で、青春の思い出できたかなぁ。

今朝の我が家の朝食の材料たち。
元気な食材は、カラフルで元気が出ますね。

まどろっこしい!
実は ここから音声で入力しています。
 息をこらえてしているので、肩はこるし、呼吸が苦しいです、ゼイゼイ。

2014年8月29日金曜日

できるかなぁ

お試しです。
旅行に備えてipadmini買ってしまいました…
写真を送る練習です、はぁ…

ものすごう、くだらんことですが・・・

すみません、あまりにつまらないことなんですが、
写真はないのですが、
毎日結構笑かせてもらってっていて・・・

*****

昨日、おばあちゃんから聞いた話。
おばあちゃんが夜になって、
一人でテレビでゲームをしていたら
(うちにおばあちゃんはそういう人なんです!)、
どこからかバイクの爆音のような、
隣にお寺の畑にイノシシでも
来たのかというような変な音が
聞こえてきたそうでです。
しかし、どうも家の中という気がして、
慌てておじいちゃんの部屋に行き
「おじいちゃん、うなされてるの!
生きてるの!?」と、叫ぶと
「なんや、生きとるわ。
発声練習してたんや。
高音が出えへんなぁ・・・
お前に迷惑かけんように、
布団をかぶってやっとったんやんか。
歌を習おかなぁ」と、宣われたそうな、
うちの天皇陛下。
なんて、しょうもないというか・・・

そして、先ほど
「あの、今泊めてもろてる◯◯ですけど、
くだらんことなんやけど」
とお電話があり、
しばらくの沈黙の後、
「瓶ビール、キレてますから、
冷蔵庫に入れといてくださいねぇ」
「ええっ、そうですかぁ。
ホンマにくだらんことやねぇ」
「いや、くだらんけど大事なことですわ。
お願いします!」

*****

ああ、なんで関西人はこうもアホなんやろ・・・
くだらんことのおすそ分けでしたぁ。


マニア向きの宿じゃないはずなんだけど

夜な夜な、おじさん、おにいさんが、
素人にはついていけない虫の話をしておられます。
八月の上旬は、
お姉さんたちが花の話をしていたし、
半ば頃からは、
ラグビーやら陸上のマニアが集っていたし、
いつの間に、うちのアパート
(もはやペンションというのとはイメージが違いすぎます)
は、こんなマニアな方々が集うようになったんでしょう。

今朝は何度かなぁと、
寝ぼけ眼で玄関の
寒暖計をなんとなく見たら・・・
まさかの10度で、目が覚めました!

昨日、元祖マニア客だった
グッチ教授の記念館の庭に行くと、
アケボノソウが咲いていました。
この花の模様、夜明けの星空連想できますか?
ゲレンデの群生地はどうなったかなぁ。

これはカリガネソウ。
クルンとした雄しべ?がなんともチャーミング。

久々に偽ファーブル登場
ツヤアオカメムシの幼虫

ヤナギランの花のあとに・・・

園芸種のスカピオサにも
小さな小さなハムシ
ルリマルノミハムシ

2014年8月28日木曜日

さぶぅー

なんだか、ここ数日気温が上がりません。
下界からの方は、寒い寒いとおっしゃってます。

これは昨日の8時ころの気温ですが、
7時前はもう1度ほど低かったです。
まぁ、下界じゃ、この気温は晩秋かなぁ。

ウルシが赤くなり始めました。

ハマナスの実も色づいて。

ツリフネソウも、ちょっと寂しげ、かな。

キツリフネの花も今年は少なめかな。
左の大きな葉っぱは、ミズヒキ。

おいおい、エゾリンドウさん、
まだ赤くなるには早いよ!

むむ、キツリフネの茎に虫こぶ発見。

割ってみたらこうなってました。
育てるとなにか虫が出てくるかなぁ。

おっと、私の手に何やら動くものが・・・
ルーペ、ルーペ!

今お泊りの虫屋さん
(このよびかたでいいのかしら)が
「この辺りは、あまり虫が鳴いてませんねぇ」と
言われました。
もともと鳴く虫は少ないところのような気がしますが
(虫に詳しい方にききたいなぁ)、
一気にこの涼しさで、
虫達は声も出ないのかも・・・


2014年8月27日水曜日

いやいやいや・・・

雨が続き、ネイチャー系の写真が撮れません。
そこで、昨日ちょっと私が惹かれたものをご紹介します。

9月の初めに歯医者さんに定期健診に行くつもりでしたが、
ちょっと奥歯の歯茎が腫れてきたので前倒しで、
歯医者さんに行ったのですが・・・
行きしな(これって関西弁?)に
ビューティサロンという
大きな看板のある角を曲がったら、
いきなりこういうお店が目に入りました・・・
一体何だったんだろうと気になって、
帰りに車を停めてじっくり見たら、
ここが◯◯◯ビューティサロンでした。
もう衝撃でした。
こういうセンスは、
逆立ちしても私には思いつかない。
全部写しきれてないのですが、
色とりどりの造花が全面に飾ってありました。
このセンスは中南米ではなかろうか・・・

昨日の新聞にはこんな写真と記事がありました。
昨日も菅平で、ラグビー、
サッカー、陸上の選手たちの中を
車で通り抜けたのですが、
たった70年くらい前(たったじゃないのかなぁ)は、
こんなことだったんですよね。
これから70年先は、一体どうなってるんだろう。


2014年8月26日火曜日

なにか温かいものを

だんだん日が短くなってくると、
温かいものが、恋しい。

最近、何度か登場しているアボカドシチュー。
温かいものが食べたくなる季節。

もう5,6年前に買った絵本。
うちの女子トイレの蔵書です。

昨日、長逗留の岡崎さんに
「岸恵子さんの翻訳なんですけど、お読みになりませんか」
と、お貸ししたら、返してくださる時に
「身につまされちゃったわ。
2回も読んじゃった」と、おっしゃったので
「岡崎さんの絵本も作りましょう」と私が言うと
「そんな、ダメよ、できないわ」と、苦笑い。

私も、若い時に戻りたいなんて思わないなぁ。
もう十分、今までを生きてきたもの。

女子トイレには、こんな絵本もあります。
短い時間でも楽しめるものを置いています。
そう、心が少し温まるものがいいかな。

2014年8月25日月曜日

もりもり盛りだくさん!

まだ夏シーズンでもあるんですが、
もう秋も始まっていて・・・
とにかく怪人十面相くらいには気持ちの上では
変心(身)して暮らしてます。

昨日の朝食に、こんなものを使いました。
姪がドイツで買ってきて
「カズちゃん、なんか味が違うらしいから」と
おみやげにくれたマヨネーズです。
酸味が少ないくらいかなぁ。
それより何より、
外国の物って、使いにくいというか、
いまだにこういう金属の絞り出しにくいチューブ入り?
色合いも、やっぱり何となく違う。

こんな絵本、買っちゃった!
これはまた女子トイレの棚に並べる価値有りです。

いやいや、これが絵ではなく刺繍というのに感動します。

私の好きなデンマーククロスステッチに
似たものがあると思ったら、
やっぱりそうだった・・・
作者はデンマークの刺繍学校で学んだようです。

そして、いきなりうちの前の空き地の木。
クサギです。
気の毒な名前ですが、
花はかわいいんですよ。

そして私。
この秋最初の草刈りスタート!
あやめ園、ずっと気になっていたので、
これで私の気持ちもすっきりしました。

「ねぇ、ねぇ、今日はすごいよ」と、
昨日またなんちゃってファーブルが
勢い込んで帰ってきました。
スズメバチに見えるでしょ、見えますよねぇ。
ところがコヤツ、スズメバチに擬態してる我です。
コシアカスカシバ
昆虫って、一体どうなってるんだ!?
考えてないけど考えてる?
頭と脳が直結、
体のすべてが頭なんだろうなぁ。
こういうアスリートは最強だろうな。
いやいや、生き抜くって、
本当はこういうことなんだろうな。

2014年8月24日日曜日

またまた偽ファーブルが

すみません、最近見てくださる方が減っているのは、
昆虫が続いているせいだと言いつつ、
また虫の写真です。
だんだんどうでも良くなってきた気もするのですが、
自信はないけどオオチャバネセセリ
「顔が可愛い」と、偽ファーブル。
コスタリカの支援先のグアナカステもロゴにも、
確かセセリチョウの仲間が使われているはず。
違ったかなぁ・・・

これが「オニヤンマ」と思っていた素人ですが、
サナエトンボという種類があって、
どうもナゴヤサナエではなかろうかと・・・
しかもメス?
なんで名古屋なんだ?

マイマイガのタマゴ
白樺が白樺じゃなくなってます・・・

足のトゲがあるからヤブキリ?

こっちは顔がウマズラで、弱々しくて(草食系で)、
羽が長いツユムシ。
上の肉食ヤブキリとどっちが、タイプ?

こんなことをしてる若いのもいれば

裏を見ないとわからないけど、
このボロボロぶりと紋が分かれてるってことで、
ヒョウモンチョウかなぁ。
飛んでるのが不思議なくらい。

2014年8月23日土曜日

秋休みのお知らせ

そんなことをしてていいのか、
高齢の両親は大丈夫かしら、
やれる時にやっておいたほうがいいかも、
などなど、あれこれ迷っていましたが、
9月3日から13日まで、
秋休みをいただくことにいたしました。

夏にしっかり稼いだからとか、
よく働いたからなんてかっこいいこと言いたいんですが、
そういうわけでもなく・・・
ご縁があって、
ネパールのスタディツアーに参加することにしました。

このツアーを主催しているNPOの代表とは、
彼女がまだ大学生だった時に、
一緒にコスタリカに行ったことがあります。
若い時からしっかりもので、
彼女と一緒なら、こんな頼りない私でも安心です。
彼女だけでなく学生だった時に、
こどものじゃんぐるを手伝ってくれていた人たちは、
今は社会人(皆アラフォーと呼ばれる歳になりました)、
親となり、それぞれの居場所を見つけ、
今も活躍しています。
彼らは私の元気のもとでもあります。

ペンションには、望月が留守番をしておりますが、
アナログな私はしばらくネットも
電話もつながらない暮らしになります。

メールなどへのお返事は、
13日以降になりますので、
ご了承ください。

小さい秋

シミだらけのオバアサンは何をしているのでしょう。
かためパンを召し上がれない方のために、
フランスパンの外側を向いています。
そこまでしてフランスパンを、
お出しするほうが間違ってますね。

そういえば、おばあちゃんは、
入れ歯のグッチ教授のために、
いちごの外側を剥いていたような・・・

ここでは珍しくないと聞いたんですが、
初めて見た気がする・・・
http://ja.wikipedia.org/wiki/ヤマキチョウ
ここにこんなことが書いてあって、びっくり。
幼虫は、クロツバラという葉っぱしか食べないらしいのですが、
それって、この辺にあるのかなぁ?
*******
蝶を表す英単語「butter fly」は、
本種を見た昆虫学者が「バターのような羽」とたとえて名付けた。

お客さんが置いていかれた空き缶。
よくわからないのですが、
ノンアルコールカクテルって、
ジュースとどこが違うの?

お昼になって少し雲がかかり気味ですが、
昨日の朝は、久しぶりにアルプスがスッキリと見えました。

何やら、キッコロ(でしたっけ?)のような。
秋がそこまで来ています。

2014年8月22日金曜日

めでたい兆し

まずは昨日の訂正から。
よくわからないなぁと思っていたゾウムシですが、
タマゴゾウムシではなく、
大きさといいここにいるということからも
オオゾウムシでしょうと教えていただきました。
大きさの確認をしなかったのは、
まだまだ修行がたりないと反省。

昨日うちの両親やご近所のご夫婦が、
「墓友」としてテレビに紹介されました。
楽しそうでよかった、よかった。

きちじょうと読みます。
めでたい兆しという意味です。
家中に貼っておこうかしら・・・
これは、何に使うかはまだご紹介できないのですが、
わが家にお泊まりの88歳の元書道の先生が
書いてくださったものです。
「漢字というのは、
前漢と後漢の間の時期に出来たものでね、
2000年もの歴史があってね、
草書も楷書も行書も、
みんな同じ時にできたのよ。
中国って国は大したもんだね。
今はどうだかしらんけど」
「私は遺言にね、
これだけは書いておこうって
決めてることがあるのよ。
絶対に戦争はするなってことと、
憲法9条を守れってことだけどね。
アメリカが作ったとか何とか言うとるけど、
アメリカも今頃になって
困ったと思うとるのよ・・・」
なんて、お話くださる知的で、
ユーモアのある方で、
夏に1月ご滞在なさるのも今年で9年目。
来年は10周年のお祝いしなくちゃ。

私の両親たちの潔さにも、
いつも感心させられますが、
80歳過ぎた方々にはいつも励まされます。


2014年8月21日木曜日

ラストスパート!

8月もあと10日。
さぁ、有終の美を飾ろうみたいな気分になってきました。

18,19日にお泊りだった方には、
ベジタリアンの方、
食事に制限のある方が数人いらして、
頭を使わせていただきました。
そして昨日からは、ガッツリ向きなスポーツマンや
食べ盛りの子どもさんのいるご家族もいらして、
頭の切り替えに懸命な私です。
完璧とまでは言い切れないけど、
なんとかご要望に答えられるようにと、
心がけているつもりです。

もう、まさに青息吐息なゾウムシ発見。
いくらなんでもつまらん記事の
新聞の上で息を絶えるのは、かわいそう。
攻めてもと思いヤブの中においてやりました。
タマゴゾウムシ?
とすれば、アザミの上においてあげればよかったかな、
ごめんね。

わからないけど、ヒメカギバアオシャク?
きれいだったなぁ。

キバネハサミムシってことで

なんちゃってファーブルは
「よくその辺歩いてるよね。ハンミョウでしょ」と、
根拠のない発言をしていたけど、
私は、アカハナカミキリだと思う。

昨日はこんな強力な助っ人も登場。
グッチ教授の一番弟子が、
休暇を利用して、
わざわざ手伝いに来てくださいました。
おとなりのマウンテンさんも
「峰の原のために、わざわざありがとうございます」
と、感謝の言葉をかけておられました。
つい最近は、近所の友人が、
記念館の庭をきれにしてくれたし、
グッチ教授は、しあわせもんだ。
そして、そんな皆さんのおかげで峰の原は、
景色も気持ちもきれいな高原でいられます。
ありがとうございます。

まだ秋は早いと思ったのか、
フタマタイチゲがまた咲き出しました。
頑張り過ぎじゃないかしら。