2014年5月31日土曜日

ジブリな日

昨日、今年初めて、ハルゼミの泣き声を聞きました。
いよいよですねぇ。

二郎が「あのおばあちゃんたちは、
千と千尋のおばあちゃんたちだよねぇ・・・」と。
我が家の5月最後のお客様はジブリな方々でした。

千と千尋といえば、やっぱり魔法の世界。
我が家の魔法の食べ物は、今の季節は山菜かなぁ。
ウドは、無添加のちくわと一緒に炒め煮、
山ワサビは刻んで新ジャガイモの
白みそ仕立てのみそ汁に味のアクセントに入れ、
コゴミはくるみあえにして、
フキは炊き込みご飯にして、
三つ葉はニンジンの茶碗蒸しの青みにしました。

こちらは、とっても重宝に使っている、
天草の有機無農薬のレモンの冷凍。
1つのレモンを半分に切って冷凍して、
使う時は、このままおろし金ですりおろすだけです。
お料理にも、ケーキ作りにも、飲み物にも、何にでも使います。
使った後は、また冷凍庫に入れます。
いつでもレモンが楽しめて、本当に便利です。

夕食の写真を撮り忘れ、
朝食こそと思ったのですが、また忘れ・・・
70代、80代の皆さんでしたが、
本当にきれいに食べてくださって、
作りがいがありました。
ありがとうございました。

お食事の後は、お散歩へ。


そして、お帰りの途中で、
福永老夫婦のところに立ち寄ってくださいました。
皆で、庭で季節の和菓子とお茶をいただきました。
ゆっくり、おっとりと時間が流れる、
ほんと、トトロも出てきそうな1日でした。

2014年5月30日金曜日

段ボールの中身

 ホトトギスも鳴き始め、ここもいよいよ初夏です。
鳴き声をアップしようとしたのですが、
どうも、うまくできなくて、残念。

あまりに久しぶりのお客さんで勘が狂ったのか、
朝から、お鍋を焦がしました。
って、今日だけじゃないんですけどね。
このさわやかな季節に、
おこげの匂いの漂う中の朝食なんて、ひどいですね。
「あらぁ、あなたでも焦がすのぉ」と、
82歳のお客様に笑われちゃいました。
面目ない。


さて、この中身は何でしょうか?
100箱近くありました・・・

ペンション村記念館には、
グッチ教授がまだ段ボール箱から
出しておられなかった本がビッシリ!
開けてのぞき始めると、惜しくなるので、
グッチ教授が懇意になさっていた古本屋さんに
持って行っていただきました・・・
さびしいのですが、宝の持ち腐れよりも、
本の好きな人の手に渡る方が、
教授も本も幸せではないかと・・・

去年私も手伝って運びあげた本を、
若いお兄さん達が一気に運び出していきました。



同じ日、天草から無農薬の甘夏と晩柑が届きました。

甘夏は、うちのおばあちゃんがのところに届けると、
おいしいおいしいママレードになるのです。
気前よく、皆にあげて少なくなってきたので、
また、追加で作ってもらいます。


読めるかなぁ。
晩柑は、この方法で外の皮を削ぎ取ってピールにすると、
ゼリーのようでとってもおいしいのですよ!
峰の原の別荘の友人のレシピです。

2014年5月29日木曜日

おいでよ!

おはようございます。
やっと、朝も暖房もいらない気温になってきました。
下界のかたには、つらいかなぁ。
北欧の夏のようというとキザな感じかなぁ。
でも、まさにこの感じ、そうなんですよ。
また、友人に会いにスウェーデンに行きたいなぁ。

もし、少しお時間があれば、
ぜひこの季節の高原におこしください!

昨日、ひょっこりと楠ワイナリーの楠さんが
立ち寄ってくれました。
オジサンとおばあさんの後ろ姿、
哀愁はないけど、もはや美しさもないか・・・
派手な動きの私とうつむき加減な楠さん。
後ろ姿にも性格が出てるような。

びっくり、一気にレンゲツツジのつぼみが色づいてきました。

小さなツボスミレも咲き始めましたよ。

フキノトウは種を飛ばし始めました。

こんないい日に朝から、
この方は自転車で下界のお医者さんへお出かけ。
そろそろ体にガタが出始めるお年頃。

ホスタ(ギボウシ)もやっと葉っぱを広げ始めました。

2014年5月28日水曜日

さくらがさいた

峰の原の横見沢の桜が咲きました。
去年より遅くなってるかと思ったら、ほぼ同じでした。



山桜は地味ですが、
これはこれで風情ががあっていいですよねぇ。
思わず桜餅を想像しちゃうようでは、
花より団子でお恥ずかしい。

昨日は、植物好き、植物マニア?な友人達と、
超マニアックなグッチ教授のペンション村記念館の
山野草の名札つけをしました。

この名札、数えなかったけど100個くらいあるかも、
もっとかなぁ・・・
とてもとても私達ではわからないものもありましたが、
5人でお昼までかかって、
とりあえずわかるものだけつけてみました。
この名札も、グッチ教授手作りです。
ひえー、です。


花が咲いてないと、なかなかわかりませんねぇ。
ずいぶん勉強になりました。

ついでにこもれび広場周辺にも名札をつけました。
これも、先生手作りの名札ですが、
ここにも50個ほどありました・・・
すごすぎる!


他所のところに名札をつけたものの、
自分の家の庭は手つかず。
そういうものなのよねぇ・・・
数年前に買って植えたヤマシャクヤク、
自生のヤマシャクヤクは6月になってから咲きますが、
今年も咲き始めました。
明日には、もう散るかしら・・・


ああ、花の命は短くて・・・
私も花だった時があったけかなぁ。

2014年5月27日火曜日

曇りのち雨

おはようございます。
今朝は霧の中。
まだ、ホトトギスの声は聞いていませんが、
カッコーも鳴き始め、いよいよ春も終わりです。

昨日も日曜日からの続きで、
峰の原の幹線道路脇の
ハルザキヤマガラシ抜きをしていました。
要注意外来植物に指定されている
ハルザキヤマガラシってどういうものかというと
なーんだ菜の花かと思われる方も多いと思いますが、
葉っぱはクレソンに似て美味しそうです。
サラダに使えるらしいのですが、
食べられるってことは、
天ぷらにだってできるはず。
山菜採りに来てほしいわ!


昨日は友人が途中から一人手伝ってくれて、
大助かりでした。
やっぱり一人より二人、二人より三人・・・

セイヨウヤマガラシだけじゃなく、
セイヨウタンポポを始め、すでにどうにもならない種類の
外来植物が入り込んでいますし、
園芸用に私達が持ち込んだ物もたくさんあります。
セイヨウヤマガラシはここでは新参者で、
黄色で目立つし、しかも抜き取りやすいということもあり、
まだこれくらいなら手に負えそうということで抜いています。
幹線道路は、人目につくし、まだ抜き取れそうなのですが、
スキー場の中などもう一面に咲いていてお手上げです。
タンポポたちが咲き誇る中、
ちょっと、気の毒な気もしますが・・・


午後は予報通りに雨でした。
お昼に懐かしい友人が顔を出してくれて
20年ぶりのおしゃべりを楽しみました。

雨が降れば、家の中でこんなこともします。
あるもので何かを作る・・・
粉のようみ見えるのは、出来たての米ぬかです。
前にテレビで見た、
米ぬか入りのふりかけを作ってみました。
ふりかけの他の材料は、
以前ご紹介しただしパックの中身です。

そして米ぬかを作った残りの
五分づき米は、紫米と一緒に炊きました。

昨日は、今日、友人が来てくれるというので、
ダメ元で、この間の豆腐入りチーズケーキに再挑戦。
炊飯器の構造をネットで調べ、
炊飯器は蒸気の熱で炊飯を
感知するということがわかったので、
この間、鍋が大きすぎて形が悪かったので、
鍋の中にボールを入れてみましたが・・・
あーあ、油を敷いて中身を入れてみたものの、
うまくはがせなかったです。
まだまだチャレンジは続きそう・・・

2014年5月26日月曜日

晴れの日は、外仕事

 昨日もいいお天気でした。
この季節、外でのイベントがいっぱい。
松本では、クラフトフェア30年で、
いつもの年以上に沢山の人が詰めかけたようです。
30年前は、のどかな雰囲気のイベントでしたが、
今や松本の一大イベントになったようですね。

昨日の写真アップし忘れてた1枚。
軽トラの荷台は調理、配膳台にもなってました。
田舎じゃ軽トラは主役です!

昨日、田んぼから戻ってきてから、
オキナグサを見に行きました。
もうオキナのようになっているものもありました。
花は、咲き始めは上向きで、
花が終わってくると下向き下限になるそうです。
人間みたい・・・

秋に、刈り残しのためにすすきのヤブの中から
エゾリンドウの株を探すのですが、
今の時期なら見つけやすくていいなぁ・・・

オキナグサ見学から戻ってきたら、
もう5時近かったのですが、
まだ日が高いので、もう一仕事。
柿渋を買ってきたので、この間、
皮を剥いたカラマツの丸太に
防腐剤の代わりに塗ってみました。

塗り始めると、つい他のものも塗りたくなって、
おじいちゃん作のログハウスのポストにも塗りました。
ふーん、古い材に塗ると渋さが増しますねぇ。

そして昨日の午後は、
峰の原の幹線道路沿いの外来植物の
セイヨウヤマガラシ抜きをしていたら、
何台かの車が止まり、
「ほぉ、何が穫れるんだい」と、よびとめられ、
山菜採りと間違われました。
あーあ、この時期、カーブでもどこでも車を止めて、
山菜採りしてるおっちゃん、おばちゃんだらけだもんね。

これは外来種じゃなくて、ホソバノアマナ
県によってはレッドデータブックに登録されているところもあります。

途中から近所の友人と2人で抜いたセイヨウヤマガラシ。
3時間あまりで、ずっしりと3袋にもなりました。
こんなことしてても、
外来種には負けるだろうなぁと思うのですが、
でもまぁ、気持ちの問題ですから・・・

2014年5月25日日曜日

田植え日和

今朝は薄曇り。
日焼けをあまり気にせず、外に出られるかしら。

昨日は、なんとなくかすみ気味でしたが、
大きな雲のないいいお天気でした。

田植え開始時間の10時より少し早めに到着。
静かですねぇ。

チョウチョに詳しくない私でもわかるベニシジミ。
嫌われ者のギシギシなどの卵を生むと思うと、
ギシギシも少しは残したほうがいいのかと思ってしまう。
こどもの頃、阪急電車の六甲と御影の間の線路脇の
雑草の中で飛び回っていたのは、ヤマトシジミだったのねぇ。

か弱き女性ばかりなので、
棚田の中で一番小さな田んぼを借りました。

10時のお茶の時間には全て完了。
か弱い乙女といっても、
あまりに小さすぎたかなぁ・・・

今年はお昼に、豚汁の他に山菜の天ぷらと、
近々棟上げ式をするというの棚田の交流センターの
お祝いの紅白のお持ちまでいただきました。

今はアカシアの花が、食べごろ、見頃。

エプロン裏返しも気づかず、
一心不乱に天ぷらをあげる東山さん。

菜の花ですねぇ。
柿の葉、菜の花、アカシアの花、ウド、桑の葉・・・

そうそう、細ネギのねぎぼうずもありましたよ。
棚田ならではの天ぷらでした。


働きが悪いのにベテランの私達は、
特等席に陣取って、一番最初に、いただきまーす!

2014年5月24日土曜日

いざ、田植え!

やったね、やっぱり青空はうれしい!
それに今日は、棚田の田植えなんですもの。

近所の別荘の友人に誘われて
田んぼに行くようになって、はや15年、
上田の田んぼを借りるようになって
5年以上経ってしまいました。

田んぼに行くなら、
お茶請けに豆でも煮ようかというのは、
完全にもんぺをはいて、
ほおかぶりした農家のおばあさん的発想かしら。

煮豆の準備をしてから下界に降りたら、
またおさるさんに会いました。
日向でむしゃむしゃ、一心不乱に山菜食べてた。
この時期、山菜を食べるのは人間もおさるさんも同じですね。

さて、おにぎり握って、

無念、シャトルシェフに入れてたお豆はまだ固かった!

今年の初物、いただきものの小玉スイカも持って行こう!

2014年5月23日金曜日

好きなのかなぁ

今朝も峰の原は冷たい霧の中です。
霧も雰囲気があっていいのですが、
朝寝はするは、気持ちが上がらないは・・・

昨日は、それでも、「いや、こういう日こそやらねば」と、
峰の原の看板の下やあやめ園の整備をしてきました。
この霧、峰の原でも、ちょっと下ると消えるんですよ。
霧の流れを感じる暮らしって、
考えようでは、あこがれの暮らしかしら。

今年は、花の開花がどうもよくわかりません。
オオカメノキの花は、もっと早いと思うのですが、
今年は花数も少ないし、遅い気がします。

うふふ、私の好きなシロバナエンレイソウ。
今年は三姉妹になりました。
真ん中が末っ子かしら。
来年は若草物語になってるといいなぁ。

この間、裏庭の掃除をしていた時に、
雪で折れ曲がっていた山桜の枝を切り落とし、
花瓶にいけておいたら、咲き始めました。
まばらにしか咲かないし、とても小さな花ですが、
この控えめかげんが、愛おしい。

私は自分が花好きと意識したことはないのですが、
ここに住んで、なんとなく見ているうちに、
植物について、いろんな人から教わったり、
自然に名前を覚えたり考えたり、
共感を感じるようになりました。
昨日も地主の峰の原の担当の人と一緒に、
グッチ教授が保護しておられた花を
確認に行っていたのですが、
おっかなびっくりの強面の顔つきの彼も、
「花の名前なんか、おれだってよぉ、
なんも知らなかったさぁ。
でも、覚えていくもんだよなぁ、そんなもの」
と、いつの間にか花咲か爺さん仲間です。