2014年2月28日金曜日

おためしB&B

3月の連休のお知らせです。
21、22、23日は、
私一人営業ということやら、これからだんだんと歳を取り、
皆さんに召し上がっていただけるようなお食事を
ご準備できなくなるかもということも考えて、
ちょっと、おためしB&Bです。
ご不便をおかけしてすみません。

1泊朝食付き、税金、暖房費込みで、
大人5,000円、こども3,000円、幼児2,000円
朝食ご不要な方、またご希望の方には、
主菜と汁物程度のものは、別料金
(500円程度かな)でご用意いたします。
ざっくりとしかかんがえてなくて、ごめんなさい。
お問い合わせください。

おいしい朝食ご用意します!

昨日、ゆっくらんどに行き、湯上がりに
塩ジェラートを食べてみました。
コーンにこんな文字が書いてあり、何かなぁと・・・
スペイン語でクワトロなら4だけどなぁ・・・
そう、ジェラートはイタリア語だから、
イタリア語の4、四角ということだと判明。
しかし、考えてみると、いくらコーンが四角だからといって、
なんでわざわざ、コーンに四角って・・・
見ればわかるのになぁ。
例えばですよ、どら焼きに丸なんて印入れますか。
最中の皮に、俵だとか四角とか丸って入れるかなぁ。
タイヤキだったら、鯛ってか・・・

ま、そういう暇つぶしなへりくつは、どうでも良くて、
塩ジェラート、ミルキーみたいでおいしいですよ。



2014年2月27日木曜日

もうすぐまた3月

今朝はどんよりですが、
気温は上がったままです。 
あたたかいのは嬉しいけれど・・・

我が家では、生活クラブの食用油以外に、
この福島の製油所の国産の菜種油を朝食の
サラダやパンに使っていただいたり、
炒め物などにも使ったりしています。
ごま油とはまた違う、香ばしい薫りが楽しめます。
これだけで調味料になります。
福島県の石川郡というところのようで、
工場に伺ったことは無いのですが、
毎回きちんと確認のお電話をくださったり、
誠実な対応に、「福島の人って、
こういう人が多いのかなぁ」と。
最近は、食用油は薬品抽出で(その方が効率がいいのです)
圧搾の油はほんの少ししかありません。

おすすめですよ。

油が送られてきた箱の詰め物に、
去年の3月6日の福島民報が丸められて使われていました。
片付けるためにしわを伸ばしながら、
福島のこと、忘れがちになっている自分が、
なんだか情けなくなりました。
忘れないぞ!

この間の大雪の後の除雪はいつも以上に
気合いが入っていたのか、
幹線道路にはほとんど雪がありません。
白い筋は、融雪剤の塩カルですね。
これが車を底を傷めやすくします。


私が二階の日向で、
パソコンでラジオを聞きながら読書と編み物を楽しんでいたら、
ドーンとまた大きな音がして・・・

下から「玄関が塞がってるよぉ。
雪かきしなくちゃ!」と声がかかりました。
あちゃぁ・・・

またもや、ゾンデ棒をとりだし何かを探す望月。

こんなものを日向で充電していて、
雪に埋もれさせていたようです。

少し雪かきしただけで、昨日は汗をかきました。
この寒暖の差の激しさは、あんまりじゃないかしらね。

2014年2月26日水曜日

1LDKな暮らし

南側の屋根からはすでに雪が落ちました。
今日もあたたかくなりそうなので、
いよいよ北側の屋根からも落ちるかなぁ。

ペンションはお客さんがいらっしゃらないと、
がらんとした空き家みたいなもので、
こんな大きな家はいらないなぁって思います。
座ったままで自分の手足が届くくらいの家に
住めば楽だろうなって・・・

2階のキッチン(給湯室、洗濯部屋、談話室などなど、
お客さんがいろいろ呼び名をつけてくださってます)に、
トイレとベッドあれば、もう完璧。

そうそう、私の友人は、果樹園の中の
1LDKの小屋に一人でオシャレに暮らしてます。
彼は、ずっと小さな暮らしを実践してる。

昨日のおやつ。
これにちょっとボケてきたりんごと
色が変わってきた野沢菜でもあれば、
まさに信州のお茶の時間ですね。
それにしても、大きな花豆です。

菅平の花豆を波照間の友人にもらった黒砂糖で煮たので、
菅平の友人家族の顔を思い浮かべ、
行ったこともない波照間の青空を想像しながらいただきました。
しあわせだなぁってね。

そして、今こんな本を読んでます。
もっと読み辛いかと思っていましたが、
軽く書いてあるらしく、私でも読めます。
「社会の抜け道」という題名の哲学者(30代)と
社会学者(20代)の対談ですが、
こんなもんだろうなと頷きながら、
私は「抜け道」しか知らない暮らしかもと思うのでした。

「今日からしばらく開店休業だわ」と母に言うと、
「ゆっくりすればいいわよ」って言われちゃった。
端から見れば、私は働いているように見えるのね。


2014年2月25日火曜日

大学生

我が家は、どちらかといえば中高年のお宿の時が多いのですが、
先週末は、10代、20代、30代と41歳のお客さんたちで、
画期的な若さでした・・・
こんなことは滅多にない。

彼らがいてくれたから若返りました。
もう20年以上、同じ上智大学のスキーサークルが、
合宿に利用してくれていますが、
こんなことをしたのは、彼らが初めてです。

「ここで寝るなら宿泊代負けてあげるわよ」と声をかけると、
「ほんとですか」と、喜んでいましたが・・・
人数は減りましたが、大学生たち、
ずいぶん素直になった気がします。

そんな大学生の夕食の一品。
これはホウレンソウの茎と鶏肉、
かぼちゃの千切りを炒めたものです。
葉っぱの部分は、和え物にしました。
元は、料理研究家のウー・ウェンさんのレシピで、
私は、そこにかぼちゃを足してみましたが、
ウーさんのレシピはどれも、
「えっ、これだけ」というほど簡単ですが、
私は、おいしいなぁと思います。
シンプルだけど、おいしいって、いいじゃないですか。

そしてこちらは、朝食風景。
学生さんの料金は特別料金にしていますが、
他のお客さんと同じものをお出ししています。

彼らは、みごとに朝も夜もきれいに全て食べきってくれて、
気持ち良くて、こちらも作りがいがあります。

2014年2月24日月曜日

毎日食べるもの

やっとブログも日常に戻ったようです。
大雪の時には、ずいぶんご心配いただいたようで、
一気にカウンターが330にもなり、びっくりしました。
本当に、ご心配おかけしました。

宅急便屋さんも、また姿を見せてくれるようになりました。
さっそく、天草から無農薬、
有機栽培の川野さんの味わいのある蜜柑が届きました。
今回は、スィートスプリング、はっさく、パール柑。
いつものように、ガリ版刷りの季節のお便りも同封されていました。
天草って、どんなところなんだろう…
もう春なんでしょうねぇ、あちらは。

「お野菜がないかと思って」と、
週末のお客さんが新鮮な野菜を
どっさり持って来てくださいました。
このキャベツ、10人で丸ごと1コを
コールスローにしていただきました。
お塩をふりかけて水が出てきたのを味見させていただいて、
やわらかい!おいしい!
もう春キャベツの季節なんですね。
この中に、大事に取ってあった波照間からのディルもいれて、
いろんな人のお心遣いをスパイスに、ご馳走さまでした。

以前読んだ本に添加物が
特に多い食品の一つが練り物だと知りました。
それからというもの、大好きな練り製品も
何となく控えめにしています。
無添加と言ってもねぇ・・・

アミノ酸等の等ってなんだろ・・・
アミノ酸は天然由来だとメーカーは宣伝してますが、
うーんそれでも何となく・・・
でも、スポーツする人はわざわざアミノ酸飲んでおられますし、
一体、そこんとこどうなってるんだ・・・
ま、なんでも度が過ぎないということが大事かな。

食品の原材料の欄には、小量なら記載しなくてもよいものや、
まとめ記載すると省略できるものもあるようです。
ですが、どこまで安全かなんて自分で栽培したり、
猟でもしてさえもまだわからないと思うんです。
ですから、私としましては、
できるだけ台所で使っていない調味料が
記載されていないものを選ぶようにしています。
まぁ、それだって、どこまで信用できるかわかりませんけどね。
あまり考えると、何食べていいのかわからなくなるし、
妥協の多い私は、この程度のことしかしていません。
なんでもいい加減で自信のないことで、すみません。

ということで、ストーブの上で、
コトコトおでんを煮ました。
学生さんたちには、ちょっと地味な料理だったかなぁ。
ごめんね、今日はこってり洋風にしますからね。

2014年2月23日日曜日

北信州 WINE FAIR 

昨日、テレビで何度も、
今回の大雪のために菅平のスキーのお客さんが例年の
半分ほどに減ったと、ニュースで流れてましたが、
確かにキャンセルはありましたが、
「そりゃぁ、しかたないでしょ」って、
すますわけにはいかないのかなぁ。
実力のあるところなら、またすぐお客さんは戻るし、
戻らないとしたら他の問題もあるってことと思うけど、
そう考えるのはいけないことなのかしら、
こういうのんきなこと言ってるから、
うちはお客さんが減るのかなぁ。


今月末に、須坂でワインのイベントがありますよ。

おなじみの楠ワイナリーも参加してます。
シャンソン、ワインがお好きな大人な方は、ぜひ。

こんなお菓子をいただきました。
「つばらつばら」って、しみじみという意味なんですね。
なんかいいなぁ。

古文は大の苦手でしたが、
もっとちゃんと勉強してれば良かったなぁ
(こういう後悔は他にもいっぱいあるんですが)。

「舟を編む」を読んだからか、
自分の語彙の少なさがさ、残念でさびしい。

和菓子には、やっぱり日本茶。
最近、このほうじ茶抹茶がお気に入りです。
いつもの静岡の「水車むら」さんの無農薬のお茶です。

2014年2月22日土曜日

食料品も大丈夫!

昨日、食料品の買い出しに須坂に下りました。
スーパーの方が「今日からやっと揃ってきましたよ」と、
忙しそうにしておられました。

いつでもなんでも手に入る便利な暮らしをしていると、
わずかでもなくなると不安になるのかも。

ブログをご覧になったお客さんが、
野菜とパンをお土産に持って来てくださいました。
心配させすぎちゃったかも、ごめんなさい。
もう大丈夫です。

さーて、いただいた野菜を、
なにかおいしいものに変身させて食べていただかなくちゃね。

朝早い時間、第一ビレッジの公園。
あずまやが埋もれそう。

うちの外側のスキー室に行くところは、
こんなに雪が高くなって、
玄関の軒と同じくらいの高さになりました。

2階でベッドメイクしながら窓の外を見たら、
なぜか2階の客室のベランダにこんな足跡発見、ネコ?

こういう模様もかわいいなぁ。
でもなぜ、まわりが丸く解けても
真ん中の模様は残るんだろう・・・

マイバッグと使い古しのスーパーの袋も
2枚持って行っていたけど、満杯になるほど買い物しました。

須坂の町中は、雪の捨て場がなくて、
道幅が狭くなってすれ違いができないところもありました。

買い物前に前を通りがかると、
ちょうどソイルさんがお店にこられたところでした。
帰りに、ちょっと寄って立ち話。
ストーブの煙突が屋根の雪で潰されたそうです。
須坂でこんな大雪になるなんて、びっくり。

町中と違って、峰の原への山道の除雪は完璧。
ひょっとして、いつもよりも念入りに除雪されてるかも。

2014年2月21日金曜日

ようやく

ようやく、やっとやっと気持ちも
正常運転に戻りつつあります。
って、今日からお客さんなのに遅すぎたかなぁ。

今週末のお客様、
いつも以上にメチャクチャかも、
覚悟してお越しいただいた方がいいかもです。
ごめんなさいね、先に謝っておきます。


買い出しにいっても、欲しいものが買えるかしら。
いや、まだまだ家から出ることもできない地域もあるようですし、
これくらい、まったく問題ではないですね。


昨日、掃除する気分が戻って来たようで、
結露でかびていた壁をきれいに拭き取り乾かしました。
(またすぐかびるだろうなぁ)

ネットもみんな、お気に入りのセスキ水で、
油汚れをきれいにおとしました。
でも、もう何十年も使ってるから、
焼けて黄色くなってしまってますね。
まぁ、それも味わいということにしましょう。
それにしても、うちにあるもの全て昭和だなぁ。

そして、近所の友人のおすすめもあり、
今度はこの本を古本で買って、
読み始めました。
うーん、読みながら勝手に映像を作ってます。
確かに映画にしたくなりそうな本です。

このすごく怪しい人・・・
初スノーシューだと言って笑い転げてました。
やっぱり、水かきのあるカッパみたいに見えますねぇ。

何を始めるかと思ったら、
夏は高くて手が届かないところにある
ミズナラの枝を切り落としてました。

ずっと前から切りたかった枝でした。
これで、夏のアプローチが少し明るくなるかも。
ありがとね!

冬は木が眠っているときで、
伐採や剪定にはいい時期ですよ。
昔は雪の時に伐採して
馬橇で引き出していたそうです。
ついでにあちこち伐って欲しくなっちゃいました。
チェーンソーも草刈り機も、
動力のものって、持つとガンガンやりたくなるのよね。

私は、皆さんから褒めてもらえるので、
べーグルに再び挑戦しました。
今度は、シナモン味にしてみました。

2014年2月20日木曜日

どんなときもー♪

やっと家のまわりの除雪も一段落。
しばらく雪は降らないでいてほしいなぁ。

まだまだ孤立している地域があり、
そういう場所にいらっしゃる方のほとんどが高齢者の皆さんです。
作業は昼夜を問わず続けられているようですが、
少しでも早く除雪が終わることを願っています。

昨日の午後、
負けないで♪どんなときもぉ♪
なんて歌を口ずさみたくなるようなことをしてきました。

スキーは30年ぶり、テレマークスキー初体験という人も、
大きなミッションのためにやってきたのですから、頑張れ!

 
望月がガイドをしてくれて、ちょっと安心。

目的地はここ。
たどり着けるかなぁ。

この日はスキーは滑るためのものではなく
スノーシューの代わりであり、
ふだん、シールは登りだけに使うものですが、
下りにもシールをつけるという荒技でした。

たぶんこの辺だろうと、望月がゾンデ棒で探し出し、
ショベルで掘り起こし・・・

出てきた出てきたコロボックル!

「来ましたよ」と、
どら焼きとバナナとミルクティをお供えして・・・

「下りより登りの方が楽です」と、言いつつも
ハァハァという荒い息がから松林に響いていました。

さぁ、登りももう少しでおしまいですよ。
から松林がとってもきれい。

そして、食後には出張で整体をしてもらって、
翌朝は体の痛みもなく、快調だと・・・
(お断りしておきますが、
この後ろ姿、私じゃないですよ)
スキーでお疲れの方にはおすすめですよ。

そしてマッサージについては、
こういう記述があるのご存知でしたか。
マッサージは国家資格なんですよ。


2014年2月19日水曜日

しつこく、雪

びっくり、この雪のせいか、
今まで以上にたくさんの方にブログを見ていただきました。
ありがとうございます。
だのに・・・
またですかぁと、そろそろ嫌がられそうですが、
だって、雪しかないんですもの・・・

昨日はゴミ出しの日。
ちゃんと収集に来てくれるとのこと、助かりました。
ガソリン節約、運動のために、
歩いて集積所に行きました。

雪の壁はこんなに高いところもあります。
持っているのは、プラスチックゴミの袋。

入り口の看板も、一番下が埋まりそう。

ゴミを置いておく小屋も雪に埋もれてました。

そして、ハックルベリーも。
上田の福永老夫妻は除雪をして元気にしているようです。

我が家もこんな感じになってます。

そして、私は、1週間ぶりに掃除をしました。
気分を変えたり、キリッとするために、
お化粧をする、オシャレをする、買い物をする、
お風呂に入るなんて方もいらっしゃいますが、
私は、掃除をすると日常に戻れるようです。
いつまでも非日常じゃ、疲れまものね。
掃除機かけて、ガラス窓拭いて、気分もすっきり。

須坂へ国道は、まだ除雪の幅が狭いし、
何となく雪が落ちてきそうな場所もあるようです。
もしもの時はと考えながら通った方がよさそうですね。

集会所のポストも掘り出してもらえたようですが、
駐車場はまだ雪かきができていません。

見晴らしが良くないからと、雪かきをしたものの、
余り効果はなかったみたい・・・

埼玉の方が、野菜を差し入れに持って来てくださいました。
お心遣いに、感謝、感謝。
夕べは、これで鍋物をしました。

すみません、まだしばらくは雪景色が続きそうです。
でも、言い訳ですが、けっして雪を恨む気持ちはないし、
自然には謙虚に向き合わなくちゃいけないなぁと反省しながら、
何となく、これはこれで楽しく過ごしています。