2013年11月30日土曜日

どうしましょう…

朝、どれくらい降ったかなぁと
窓の外を覗きましたが、数センチかな…
でも、まだいいやこのくらいで。
十分雪景色を楽しめますもん。

びっくり、どうしましょう。
とりたててトピックスもないこのブログを、
昨日は150人以上の方が見に来てくださってます。
ドキドキドキ、どうしましょう…

昨日「ふくながさーん、10年ぶりかもぉ…」と
ハグして迎え入れられました。
そんなにご無沙汰しちゃってたかなぁ。
上田方面で有機や自然農法で
野菜を育てている皆さんと消費者を結ぶ場所が
上田中央通りのフードサロンに11月4日にオープンしました。

雪でも霰でもありません。
雪の予報が出ると、
昼間からこんなに塩カルが撒かれます。
これで車は傷むですよねぇ。
でも雪はないほうが助かるけど、
どうしましょう…

こんなかわいいクッキーいただきました。
もったいない、食べられない、
でも食べなくちゃ…クッキーだもんね。

おじいちゃんが作った30年もののポストに
つららが出来てました。
30年ほど前、ログハウスは大ブームで、
おじいちゃんはログハウスを自分で
建ててみたいと思ったようですが、
結局、このポストだけで諦めたようです。
このポストが壊れたら、
もう作ってくれる人はいないだろうなぁ…
私が作るしかないか…

2013年11月29日金曜日

食べ過ぎな日々

昨日は粉砂糖をふりかけたような雪景色でしたが、
今朝はまた青空が広がっています。


峰の原の入り口には、またこの看板の季節がきました。
峰の原入口の看板周辺の管理を引き受けている私としては
ちょっと引っかかるんですが、
目立てばいいのか・・・
ここは国立公園の特別保護地区
(特別保護指定地区へと続く国道若い両側10メートルは
特別地区と同じ扱いだと聞いてます)のはずなんだけど、
この看板でいいのかしらと・・・

菅平の人からもらった野沢菜が余ったからと、
私にも野沢菜のおすそ分けが届きました。


いただいたもの、
特に食べ物はきちんといただかなくてはと、
今年はどうしようかと迷っていた
野沢菜をつけることしました。

ここ1週間あまり、外食が多くなっています。
昨夜は東御市の湯楽里館でお食事。
親しい人たちと、楽しく、
ごちそうをいただくことは嬉しいのですが、
どうも私、胃袋が小さくなったか弱ってる気がします。

野菜のマリネとテリーヌの前菜

さつまいものポタージュ
クルトンもカリッとあげたさつまいもです。

赤魚の蒸し物?、トマトソースかけ

チキンガランティーヌ
懐かしいというか、短大時代にお着物姿の
洋食の先生から教わったのが懐かしい。

タルトタタン、くるみのアイスクリーム、
枝豆とホワイトチョコのムースの盛り合わせ。

これにコーヒーが付いて3000円。
湯楽里館はビールも作っているので、
皆さん、ほろよいでいい気分。

美味しく頂いたのに、夜にこれだけ食べると、
今朝になっても辛いです・・・

2013年11月28日木曜日

がんばってる

昨日は久しぶりに家の周りをぐるり。

さーて、これは何の実でしょう?
つやつやてかてか、
大豆より、ちょっと小さめかな。
シロヤマブキの実です。
白い一重の花が好きだというと、
菅平の友人が庭にあったこの花を持ってきてくれました。
ヤマブキと言っても黄色いヤマブキの仲間ではないそうで、
ヤマブキにはこんな実もなりません。
絶滅危惧種でもあるようで、
本来は本州の中国地方のもので、
こんな北にはないようです。

冬に向かって実をつけて、がんばってる。

ハックルベリーでは、
恒例となったリース作りも始まりました。
峰の原の女性たちは、働き者です。

ゴミステーションじゃないんだよ…
立て付けが悪くドアが閉まらなくなったり、
除雪で押されたりしながらも
頑張ってる、峰の原の集合ポスト。

今朝は雲に覆われ薄暗いのですが、
少しずつ晴れてくる予報。
もう今年はやめようかなと思っていた
峰の原の入り口のイルミネーションですが、
やっぱり、ちょっと頑張ってみます。



2013年11月27日水曜日

ヒンメリを作ってみました。

今日も青空。
昨日より気温が下がりましたが、
まだまだ今年は暖かな気がします。

グループ展の飾り付けを終えて東京に戻る長野画伯を
上田駅まで送っていった時に、
あのみすず飴で有名な飯島商店の前で
信号待ちしていたらこんな素敵な紅葉を見ることが出来ました。
遠目で確かなことはわかりませんがケヤキかしら。
クラシックな建物にぴったりな素敵なグラデーション。

もう片付けようかと思っていた自転車ですが、
昨日は暖かかったのでサンセットテラスから
ゲレンデの下まで行ってきました。

あれっ、ここはどこだ?
子どもの頃空き地を見つけては、
基地を作ったり家を作ってままごとしてた時の、
楽しい気持ちが蘇ってきました。

ここは千峰苑の跡地です。
すでに工事が終了していたようなので入ってみました。
びっくり、こんなことになってました。
峰の原で最初に建てられた建物でしたので一等地にありました。
素敵な建物のレストランなんかあればいいなぁ…
ちゃんとアスファルトもコンクリートも剥がしてあり、
これならまた植物が生えてくるかなぁ。
日当たりがいいのでレンゲツツジ公園なんていうのもいいかもねぇ。

森の公園のワークショップで
ヒンメリの作り方を教わりました。
プラスチックのストローや紙を巻いて作ったのですが、
稲わらで作ってみることにしました。

平面だったものを立体にする時のワクワク感がいいですね。
膝の向こうにあるのは40年前のレース糸。
こんなものが、今頃、役に立つとは…

そして、これは私が学生だった頃から使っている刺繍針。
長い針はスウェーデンステッチという刺繍をするために
中学生の頃に買ったものだと思います。
自分でも信じられませんが、
私、小学生の頃から手芸女子だったんですよ。
今じゃ、針を持つのも面倒です。

何をしてるのかと望月を見ると、
街灯の太陽光パネルを外してきて、
ラジオにつないでラジオを聞いてました。
わずかに日陰になったり、
パネルの位置を変えるだけで聞こえなくなるし、
太陽光パネルの勉強になるなぁ。

昨日はヒンメリ6つできました。
ま、これくらいにしておこう。

2013年11月26日火曜日

森の公園 at UNOcafe

グループ展「森の公園」が上田市に大移動。
海野町商店街のおしゃれなUNOcafeで、
3日まで、やってますのでお出かけください。

寅さんのようなトランクを持って移動する人も。

開店時間に間に合うのかと焦った展示ですが、
なんとかぎりぎり間に合った、かな。

親友の奥さんのお店なので、
なんとなくなれた雰囲気で飾り付けてた二郎の展示

皆のささやかな販売品

うーん、まだ納得出来ない…
と、アナログ3D展示をする長野亮之介画伯。

ここにも貼れる!と、大喜び。

高城さんは穏やかな若者で、黙々と高城ワールド!

キャハハと、いつも女子学生の雰囲気で楽しんでる
No.5(ナンゴ) の二人。

展示を終えたオジサン3人は、
ニタニタしながらランチの注文中。

No.5の謎めいたこの展示…

そして、スィーツオヤジはこんなものまで注文してた。

お断りしておきますが、
ここは、オヤジcafeではありませぬ!

美味しさに興奮しながらクリームを
ポタポタと自慢のサロペットにこぼし、
皆に「大丈夫ですかぁ?」「やばくない?」
と心配されてました。

展示しただけで、大満足な無欲な人ばかり。
いや、自己満足かな。
こんな私達に快く会場を貸してくださったUNOcafeさん、
ありがとう!
そして、3日までよろしくね!
出かけてみようかなと思ってくださってる皆さん、
UNOcafeは、水曜日と木曜日が定休日です。


2013年11月25日月曜日

森の公園2日目

 森フェス仲間のグループ展、森の公園2日目。

ちょいと直して森の公園バージョン看板。

2日目、会場の真ん中は、
すっかりお茶の間の雰囲気。

会場の風の公園には、
砂場もあって子どもたちに大人気。
後ろのつぶらな瞳は、
ここのアーチストの智也さんの作品の巨人の頭。

森フェスグッズの販売もしています。

仲間の一人イラストレーターの長野亮之介さんは、
長野市の社会福祉協議会でも販売している、
東北の大槌町支援のTシャツもデザインしています。
Tシャツは1500円、そのうち500円が
大槌町の子どもたちの支援に使われます。
ご協力、よろしくお願いいたします。

長年読売新聞の映画のコラムの
イラストと文章も書いてます。
手ぬぐいも人気!

今回は、夏に2ヶ月居候?していたモンタナの
牧場がテーマの展示です。
牛に焼き印を押してるの、わかるかな。

グラフィックデザイナーの高城晃さんの
森フェスのコラージュ、いいな!

これも、あれも、
高城さんの仕事だったんだと、びっくり!

二郎もこの展覧会のために絵も額縁も新しくしたそうで、
それなりに気合入ってます。

ここは、イラストレーターの長針朱美さんと
コピーライターの長峯千恵さんの
コラボユニットNo.5(ナンゴと読んでね)のコーナー

じっくり読んで、プフッって笑うのがいいんだなぁ。

そして、謎のイカ…
謎は謎を呼ぶ。

5時だ、さぁ撤収!

いつも思うのですが、あんなに時間をかけて
準備をしても、片付けるのはあっという間なんですよね。
さ、今日からは上田の海野町商店街のUnocafeで、
少し規模を小さくして12月3日まで開催します。
お近くの方、お買い物のついでにでもお寄りください!