2012年9月30日日曜日

秋がどんどん、どんどん

毎日、朝一番にすることは外を見ること。
写真の順序が逆だとわかりやすいんですが、
どうすれば入れ替えられるかわからないのでこのままで失礼。
1枚目が今朝の写真で、
下の写真は昨日の朝。
写した場所も日差しも違うからわかりにくいかなぁ。
まいにち見てる私には昨日よりも
今日の方がまた一段と秋がすすんだように感じます。
何でもどんどん、どんどん進みます。
待って!と頼んだところで待ってもらえないんですよね。
そう言うものですね、自然というものは。
だから魅力的なのかしら…。



2012年9月29日土曜日

弁慶の泣き所

弁慶さんほど強くも立派でもないけど、
私の数ある泣き所のひとつは歯です。
で、ご縁があって山の上から
松代の歯医者さんまで通っています。
昨日は、歯医者さんからスタートした1日でした。

松代までいくならならと、毎回ちょっと道を変えて楽しんでます。
昨日は川田宿を通り抜けてみました。
ひとっこ一人いない…


風邪気味なので下界から戻った午後は、
一休みのつもりでしたが、そうもいかず。
なんていいながら、望月が拾ってきたツノハシバミが虫に見えてきて、
こんなことしてみました。

「わっ、ヘンな虫!」という本、おもしろいです!

たぶん、スジグロしロチョウだと思うのですが、
調べるとヤマトだとかエゾシロチョウとか
いろいろあるそうですがわかりません。
こんな哀れな姿で落ち葉の上に止まっていました。
頑張って生きてきたんだろうな。
ご苦労様でした。

近所の友人の家の前から眺めた夕日。
なんとか1日無事に終了。


2012年9月28日金曜日

峰の原ペンション見学

峰の原には50軒あまりのペンションが点在しています。
新しさや派手さはないのですが、
どのお宅も住んでいる方の個性や愛情が感じられます。
いいところなんですよ、峰の原ペンション村は。

2012年9月27日木曜日

載ってます!

まずはお知らせとちょっと宣伝。
先週、コスタリから探検昆虫学者の西田さんという青年が
遊びに来てくれていたんですが、
その時にうちの庭で採取した虫コブのことが、
ナショナルジオグラフィックのこのページで紹介されています。
http://nationalgeographic.jp/nng/article/20120924/324224/index.shtml

3年に一度(あれ、毎年だっけ?)
保健所の講習会があります。
ここで講習後にいただく講習済みのシールが検査の時や
問題が起きた時に効き目を発揮するらしい。
昨日はお決まりの食中毒対策に加え
(これ聞いちゃうと、いつも恐ろしくて営業できなくなります)、
放射能に関する話しもあり、
ますます原発と今回の事故について考えさせられました。
そして最後は、初めてですが食育についての話もありました。
保健所も退屈ではありますが、
講習内容について工夫しておられますね。


寒暖計、どちらも玄関のそばで条件は似てますが
(窓ガラス張りつけ式は熱伝導の違いなのか、
+にも−にも大げさな感じ)、
これだけの誤差が出ます。
で、私はこの真ん中の数値を
「ああ、まぁ、そんなもんか」と
思いながら見ているのです。
気象台ではないし、
ま、だいたいのことがわかればね。

2012年9月26日水曜日

お・と・こは、黙って…

昨日のサギソウは、
どうやら植物の専門家の友人がもらってくれそうです。
育ててみたい気持ちはあるけど、
愛情が足らない気がするんです、今の私には。

皆様にご好評だったプルーン、
友人の農家は収穫を終え、
今は巨峰の出荷におわれているそうです。
ありがとうございました。

10月になると楠さんのワインブドウの収穫も本番ですね。
私たちが借りている棚田の稲刈りは、10月6日です。
手刈りを体験してみたいとおっしゃる方、ぜひお越しください。

さて、我が家では友人(と言わせてもらいます)の
大工さんというかセルフビルダーというのか、
何でも一人でやっちゃうという頼もしい人が、
我が家のお手洗いを黙々と直してくださっています。
ただし、女性トイレだけですよ。
私も彼も「男のほうは、まぁいいね」と、
男性には冷たいのですよ、ごめんなさい。

我が家に出入りする男性たちは皆、
黙々と自分の仕事をこなすタイプが多い。
こんな口先ばかりのバーサンになんか、
つき合っていられませんよね。

大工、電気、配管仕事はほぼ終わり、
いよいよ左官仕事に入ってきたようです。
今月中には出来上がるのかなぁ。
お手洗い見学者が列をなすのではないかという前評判ですが、
こんな小さな仕事をしてもらって申し訳ないというと
「たのしんでやってるよ」とニッコリ。
出来上がりが楽しみですねぇ。

2012年9月25日火曜日

とうとう

夕べ、寒さに耐えかねて、
禁断のこたつを始めてしまいました。
ああ、こたつでゴロゴロは至福の時です。

このこたつを作ってくださった方は去年亡くなられました。
大切に使わせていただきます。

植木鉢は…

貰い手探してます!
どなたか、サギソウを育てていただけないですか?
いただいたのですが、私には無理です。
ここでからしてしまうのは可哀想だし、
どなたか、ぜひ、もらってください。
お願いします!

2012年9月24日月曜日

そろそろこたつが恋しい

とうとう気温も10度を切りました。
こたつを出そうか、どうしようかと迷っています。
こたつを出してしまうとナマケモノの私は、
ますます動かなくなるしねぇ…

レンゲツツジも色づき始めました。

和風サルビアとでもいうか、
百科事典によりますと…
アキギリ【Salvia glabrescens Makino】 
秋にキリに似た花をつけるところから秋桐と呼ばれ,
葉の形が三角形で琴の糸をささえる琴柱(ことじ)に
似ているところから,一名コトジソウともいう。
山の木陰道端に生えるシソ科の多年草で,
秋に紅紫色の美しい花をつける。
茎は四角形で,基部地表に横たわり,
先の方は直立して高さ20~50cmぐらいになる。
根は細い普通の根と紡錘形に太くなって栄養を蓄える太い根とがある。
葉は葉柄があって対生し,葉身は中央部の左右と,
中央の基部がくびれた三角形で,長さ5~10cm,形には変異が多い。

こちらはハマナスの実
おいしそうだけど、あんまりおいしくないです。

樺の葉っぱもハラハラと散り始めました。


あまり園芸種の花のない地味な我が家の庭で
夏の間中咲き続けてくれていた真っ白だったアナベルも
段々と色を緑に変えてきました。


2012年9月23日日曜日

久しぶりの雨の朝

お客様はお一人だけで、
雨音の方が大きく感じるような静かな朝です。

お知らせです。
もうご存知の方もいらっしゃるかしら。
長野新幹線開業15周年で、
10月は新幹線あさまの料金が、
えきねっと会員は半額になるそうです。
いろいろ制約もありようですので、
詳しくはこちらをご覧ください。
www.eki-net.com

今日は地元自慢です。
菅平高原は野菜だけでなく、
気温の差を利用して(花の色が鮮やかになります)
花き栽培農家もあります。
先日コスタリカフェに参加してくださった
菅平の方がこんな元気で鮮やかな色の
お花を持って来てくださいました。

このケイトウは茎が太すぎたということで
出荷できなかったとか。
もったいないなぁ。
それにしてケイトウの花は不思議な形ですよね。

これはうちの裏口でいつの間にか咲いていた
埼玉からお嫁入りして来たシモバシラ。
シソ科の特徴出てますねぇ。

「ねぇ、イチジクいらない」
「好きですよ」
「長野の親戚からもらったんだけど、食べきれないから。
それに売ってるのと違って味も素朴でさ。
シロップ煮にでもしてよ」
「できてからもらう方がいいなぁ」
なーんて電話で話をしていたら、
翌日、こんなイチジクのコンポートが届いちゃいました。
これがまた、本当においしいくて、
食べるのがもったいないくらい。

こちらは「栗蒸したからもってきたわ」と、
須坂の友人がどっさりくりを持って来てくれて、
食べきれなくなったので、
お砂糖と残っていたブランデーで煮て、
アイスクリームに添えたりしていただいてます。
秋ですねぇ。

2012年9月22日土曜日

壊れても…

下界もそろそろ涼しくなってきたようで、
やはり、暑さ寒さも彼岸まで、
昔の人のおっしゃることは聞かなあかん…

この植木鉢、庭の片隅に土を入れたまま放置してたら、
冬に凍結して中の土が膨張して割れました。
でも、これからこの植木鉢、第二の人生を歩むことになるらしい。
おたのしみに!


ここで笑っている面々、
人生的には世間一般の生き方とは違う人ばかり。
ある意味壊れているのかも。
でも見てください、この笑顔。
壊れたってなんとかなるもんさ!?
ちなみにこの写真を撮った人もかなり壊れてますが
笑いながら写真撮ってくれてました。

2012年9月21日金曜日

コスタリカフェ#16

16回目のコスタリカフェは、前回コスタリカに一緒に行ってもらった
長野画伯の似顔絵描き教室とおやき作り+おたのしみ。

2012年9月19日水曜日

青木村昆虫資料館へ

以前から「行ってみたら」と
勧められていた昆虫資料館に行ってきました。
元ホテルだったという建物、立派でした。
しかし、ものすごい山奥で、
本当にこの道でいいのかと不安になりした。

たくさんの標本見ていたら、
目がくらむというか、疲れてきました。
日本中にどれだけの標本あるんやろ…

標本室以外に昆虫の絵の展示室もありましたが、
こちらは疲れなかったのは、なぜかなぁ。

ロビーの片隅にあった、
なんとなく外国を感じる古い机と椅子。
欲しい!

お昼は釜飯屋さん。

デザートはささらの湯の近くの
畑カフェ「山笑」さん
ちょっと知り合いです。
イチジクのタルト

ヨーグルトアイス
素敵なカフェですよ。
お出かけくださいね。

2012年9月18日火曜日

プルーン畑で

お天気はいいのですが、風の強い日が続いています。
空はつながっているから台風の影響でしょうね。
下界は実りの秋を迎え、
重くなった稲穂が風と重みに耐えきれず倒れ始めています。
うちの借りてる稲倉の棚田の稲刈りは10月だけど、
倒れちゃうと稲刈りの手間が倍以上かかる…。

昨日も友人たちと友人のプルーン畑にお邪魔しました。
私たちがいく目にも、フランスの人の友人一家がお邪魔して
「トレビアン」と言ったかどうかはわからないけど、
楽しんで帰っていったそうです。

「こっちはサンっていう種類でね。
ほれ、食べてみいぃ。
ほんとは10月が食べごろなんだけんさぁ、
もうおいしくなってるんだよ」

「きゃー」
「なに、なに」
「蛇がいるよ」
と、畑の中は大騒ぎ。
蛇だっておいしいものはわかるよねぇ。

見てください、このたわわな実り方。
これは、スタンレーという品種。

「男の人はこんな単純で根気の作業ダメだろうねぇ」
「お父ちゃんは植えるだけ植えて収穫はしないんだよね」
「穫らなきゃもったいないよねぇ」
「おもしろいのにねぇ」
と、オバサンたちはプルーンをほおばりながら、
おしゃべりしながら、手も動かしてました。
これはもう聖徳太子も真っ青。

2012年9月17日月曜日

連休には

有名な観光地は今ごろ人の波でしょうねぇ。

久しぶりに超ピンぼけ写真です。
じっと見てると気持ち悪くなりますのでお気をつけて。
黒小豆(くろしょうずと読むそうです)
早速煮てみたのですが、新豆おいしい!
これを今度コスタリカフェでおやきを作るときに使おう。

我が家には友人たちが集い…

お手洗いの改修作業も進んでます。

2012年9月16日日曜日

どうなるのかなぁ

沖縄地方が台風だと聞くたびに、
西表や波照間に住んでいる友人は大丈夫かしらと心配しています。
島国日本で暮らしていますが、
その島国の離島で暮らす人達は、
どういう気持ちなんだろう。
都会と山でしか暮らしたことのない私とは何か違うだろうなぁ。

私が直してますと言いたいところですが、
とてもそんな時間は見当たらない。
女性用お手洗いに2つあった便器のひとつを
冬に凍らせてしまい使えなくなったので、
思い切って信頼できる友人に丸投げ状態で
お手洗いを改修してもらっています。
どうなるのか楽しみだなぁ。

2012年9月15日土曜日

ズートピア信州

ズートピア信州、オープンしました!
http://zootopia.jp
開館日: 金 土 日曜日. 10:00-16:00
見応えありますので、ぜひ、お出かけくださいね。
工房で組み木を作ることもできますよ。

ピカサにアルバムアップしましたので、ごらんください。

コスタリカフェのご案内など

去年の夏から始めた、コスタリカフェ。
ほぼ毎月やっていたら16回になりました。
今回は友人のイラストレーターのお絵描き教室と
ご近所の大先輩からおやき作りを教わります。
平日ですが、どなたでもご参加できます。
ご都合のつく方、興味のある方、
ぜひどうぞ!


我が家とハックルベリーを結ぶ道、
と言ってもよその敷地を歩かせてもらってるんですが、
イギリス風にいえば、フットパス?
季節ごとに、いろんな名もないような
小さな花が咲いて楽しませてくれています。
今は、さしずめアキノキリンソウフットパスって感じかな。


2012年9月14日金曜日

黒小豆など

おいしいのでしつこくご紹介するのはプルーン。
そろそろ終わりに近づいてきましたので、お急ぎくださいね。
それから、ぼつぼつ新豆の季節なので、
黒小豆のご紹介です。 

1箱4キロ2,500円+箱代100円+送料
1箱2キロ1,300円+箱代100円+送料
種類はこれから熟す順番に、
スコウ、スタンレー(9月中旬)


須坂の友人のそのまた友人が作っている黒小豆。
煮上がりも普通の小豆より心持ち灰色かな。
オマケしてもらったので、
一袋300g入りで250円です。
プルーンも黒小豆も福永までお問い合わせください。
収穫の秋は楽しい。
気まぐれに突如、掃除をしたくなり、
粉ものの賞味期限を確かめ、
容器もきれいに洗い、と思い始めたら、
結局大掃除に発展してしまいました。

こんな簡単な朝食ですら、
朝は寝てる方が良くて作るのが面倒な私です。
お勤めしてる人や家族の分まで作ってる人は偉いなぁ。

おひつの箍(たが)が緩んでしまったので、
直してもらうために木曽の職人さんにお預けしたら、
こんなにピカピカになって戻って来ました。
後ろはまだ磨いてないおひつ。
いいなぁ、これなら一生使えますね。